メニューをスキップして記事へ


ここから記事

災害時に自転車発電装置が活用できるか

  • 2008年5月26日(月) 14:23 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    4,831
おしらせ
四川省の地震のニュースが続きます。
最初に、この災害に関連してなくなられた方のご冥福をお祈りいたします。

さて、最近、災害時に備えて、弊社の自転車発電装置がほしいというお問い合わせを受けます。
ですが、弊社スタッフの考えでは、弊社の自転車発電装置は、災害時には役に立たないと思っています。

おそらく、
・多めの電池を用意する。
・手回し発電の懐中電灯やラジオを用意する。
・平常時でも役に立つ小さなソーラーパネルを取り付ける。
などに加え、
・ろうそくなどの電気を使わないものの導入も考える必要があると思います。
弊社の自転車発電装置は、環境学習やイベントでの環境啓発のコーナーなどで役立てるかと思います。
貸し出し1週間で5250円(送料別)、製作代行1台42000円(送料込み)
よろしくお願いいたします。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.hinodeya-ecolife.com/trackback.php/20080526142331569
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。