メニューをスキップして記事へ


ここから記事

若狭ゆずり木平和祭 自転車発電で飛び入りオープンマイク

  • 2013年7月 2日(火) 09:59 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    1,605
自転車発電

THE FAMILYさんからお声かけいただき、若狭ゆずり木平和祭(2013年6月29日)にて、
自転車発電オープンマイク企画に参加してきました。

若狭ゆずり木平和祭は、
「命の伝承、繋がりを知る事から生まれる本当の文明。
土と街、生産と消費、過去と未来、今を生きるすべての人が
立場を超えて出会い、話し、唄い踊るお祭り」です。

本堂と三重塔の国宝に指定されている明通寺を会場に、
幅広い世代の方がたくさん会場にあつまり大変盛り上がっていました。

今回は、オープンマイクスペースにて、はつでんチャリダーのかのうさちあさんと
自転車発電で初コラボさせていただきました!
自転車で電力を供給しないとスピーカーから音はでません。
自らつくった電気を使って歌ってしゃべってもらいました。

1人だとちょっと大変、でも2人で協力すれば、発電も少し楽になりました。
ささやかですが今回は太陽光パネルも連結して、お日さまにも助けてもらいました。

原子力発電を含めたエネルギーの問題に、
今後もより多くの人が、継続的に関心をもってもらえたらと思いました。

■自転車発電を使ったオープンマイクの様子


■かのうさちあさん所有の自転車発電+アンプに接続


■子どもたちもがんばって発電


■今回は自転車発電装置の他に太陽光パネルと充電用バッテリーも連結


■このスイッチはなんでしょうか?


■さらにLEDが足下で光ります(写真ではちょっとわかりにくいですが)


※パワーアップした新通常タイプの自転車発電装置の詳細については、近日中にお知らせ致します。

使用機材:
・自転車発電装置(「新」通常タイプ)×1台
・連結器+大容量インバーター×1台
・太陽光パネル(12W)×1枚
ご準備いただく物:
・自転車(20~26インチ)×1台
・自動車用12Vバッテリー×1台
・アンプ機材等
※今回はかのうさん所有の自転車発電装置+アンプに連結させていただきました。



その他のご利用例については、自転車発電の記事一覧をご覧ください。

ベース音が激しいときは、アンプスピーカーが電力をたくさん使うことが体で体験できます。
みんなで楽しく発電すれば、野外オープンマイク企画もなんのその。

そんな自転車発電装置については、下記ページをご参照ください。
自転車発電装置の貸し出し・製作代行

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.hinodeya-ecolife.com/trackback.php/20130702095935631
  • 若狭ゆずり木平和祭 自転車発電で飛び入りオープンマイク
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。