メニューをスキップして記事へ


ここから記事

第6期 家庭菜園するみたいに ベランダで太陽光発電しよう!

  • 2015年9月10日(木) 12:22 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    892
太陽光WS
エネルギーの自給自足を始めよう!
第6期 家庭菜園するみたいに ベランダで太陽光発電しよう!

長らくお休みしていましたベランダ太陽光のワークショップをこの度開催する運びとなりました。
「自分の家でエネルギーの自給自足を始めてみたい!」という方は、ぜひご参加ください。

エネルギーは創れても、使う一方ではだめで、
省エネをして初めて、創エネの価値があると思っています。
電気のことや省エネのことを学び、自分でソーラーシステムを設計し、作る、
全3回の、ちょっと面倒くさいけど、やりがいのある楽しい講座です。

【第6期】
第1回 2015年11月8日(日) 10時00分から12時30分 上京区総合庁舎4階
第2回 2015年11月15日(日) 13時30分から16時00分 Social Kitchen 2Fスペース
第3回 2015年11月 29日(日) 13時30分から17時00分 Social Kitchen 2Fスペース

◎全3回の内容
第1回 電気を知ろう!
第2回 省エネを知ろう!ソーラーシステムをデザインしよう!
第3回 自分の家に合ったソーラーシステムを作ろう!
***********************

「DIY とは別のおもしろさ DIWO Do It With Others」

★携帯の充電くらいでもいいから自分ちでエネルギーの自給自足を始めてみたい。
★どこから始めたらいいかわからないけれど、自力でやってみたい。
★言われた通りにやるというより、理解・納得した上で作りたい。

そんな方が集まって、他の方と一緒に学びながら、自分のライフスタイルや家、
財布事情に合わせた「独立型のセルフソーラー発電システム」を作ろう!という企画です。

独立型のソーラーシステムを作り、維持していくには、それがたとえ
小さな発電システムであっても、電気のこと、エネルギーのこと、
そして、普段使っている電化製品や電気代のことも知る必要があります。
また、故障などの不具合に対応する力もつけておきたいものです。

最近は安全でお手軽な小さなソーラーシステムも買える時代になりました。
それらを導入することもとてもステキな一歩だと思います。

ですが、ここでは、直流・交流の違いを知ることから、自分の家に合った
システムの設計・組み立て、不具合時の対応まで、しっかり学んだ上で、
自分で作り上げたい!という方を募集します。

電気や機械が苦手な人、文系の人、ハンダ付けをしたことがない人でも、
サポートしますので大丈夫です。

大人になってから学び直す「理科の時間」「技術の時間」という雰囲気で
やっています。もちろんよく分かっている方、得意な方も歓迎です。

■参加費:
全3回通しで 15,000円
ご家族やパートナー、仲間の方と一緒に参加され、かつパネルがひとつで良い場合、
2人目以降の方は 参加費1回 1,000円 こどもは無料
※環境に関する意識が高い人が、家の中であなただけの場合、
他の家族から「こまかいなぁ」「うるさいなぁ」と言われてしまうことがあります。
でも、2人以上でこの場に参加し、同じ情報を得ていただくと、
気持ちよく電気代が減っていくと思っています。
必ずしも同居の方でなくとも、職場が同じ、サークルが同じなど、
影響力が2倍になると心強い仲間ならばOKです。

★単発の参加は 午前中の「Social 発電所」のプログラムにご参加ください。1回 1,000円
(講座受講のみで、太陽光システムに関するフォロー、機材注文の相談受付などはありません)

■材料代:
パネルやバッテリのサイズによって プラス10,000円~45,000円

■開催概要:
●第1回「電気を知ろう!」
□日 時:2015年11月8日(日) 12時00分から12時30分
□会 場:京都市上京区総合庁舎 4階
□内 容:電気の基礎知識、エネルギーの基礎知識を学ぶ。
     パネルやバッテリ等パーツの役割や危険性を学ぶ。
     大まかな予算の立て方を学ぶ。
□宿 題:太陽光で動かしてみたい電化製品の消費電力を調べる。
     (測定に必要な機器を貸し出します)
     家族や仲間の方と話し合って、どこに設置するか相談する。

●第2回「ソーラーシステムをデザインしよう!」
□日 時:2015年11月15日(日) 13時30分から16時00分
□会 場:Social Kitchen 2Fスペース
□内 容:効果的な省エネを知り、太陽光活用の幅を広げる。
     自分に必要なシステムの設計をする。
     自分の家のどこに、どの程度のサイズのパネルを置いて、何の電力を賄うために、
     どの程度の容量のバッテリを用意するのか自分で計算、デザインし、予算を立てます。
□持ち物:電気の検針票、測定機器(返却)

●第3回「自分の家に合ったソーラーシステムを作ろう!」
□日 時:2015年11月29日(日) 13時30分から17時00分
□会 場:Social Kitchen 2Fスペース
□内 容:第2回でデザインしたソーラーシステムに応じて、製作をします。
□持ち物:ドライバ、ペンチ、はんだごて、はんだなど(あれば)

■定員:12組

■講師:ひのでやエコライフ研究所 山見拓

■オプション:コントローラーを自作しよう!
バッテリー残量表示ランプや、過充電を防止するコントローラーを自作したい
という希望者がいれば、第2回と第3回の間に、自作する回を設定します。
抵抗やダイオードなどの電子部品を、基板にはんだ付けするため、
はんだ付けに慣れていない方は、かなり骨が折れますが、達成感があると好評です。
この機会に、中学時代の技術の時間を思い出しませんか。
自作オプションは、2組以上の希望者があれば、開催いたします。
参加費は3,000円です。

■太陽光パネルの容量:
太陽光パネルは、12Wから100Wの小さなものを使います。

■参加者の声:
○携帯やアシスト自転車の充電が、ソーラーで実現できるようになり嬉しいです。(Hさん・80W)
○娘といっしょに参加したこともあり、家の中で電気や省エネのことが話しやすくなりました。(Sさん・12W)
○以前別の太陽光WSに参加しパネルはすでに持っていましたが、
設置やケーブル延長方法について改めて学ぶつもりで全3回参加しました。(Aさん・50W)
○ハンダ付けはほとんど初心者でしたが、自作組同士で協力しながら作り上げることができました。
もっとハンダ付けがしたくなりました。(Oさん・12W)

■参加申込方法:
参加をご希望の方は、
1.お名前
2.ご連絡先
3.参加人数
4.参加動機/期待すること
をメール、FAX、お電話にてお知らせください。
参加を検討するにあたってご質問のある方も、お気軽に以下にご連絡ください。

■お申込・お問い合わせ
有限会社ひのでやエコライフ研究所
〒600-8085 京都市下京区葛籠屋町515-1 ひじきビル3F
TEL:075-708-8152 FAX:075-708-8153
E-Mail:hinodeya@hinodeya-ecolife.com
URL:http://www.hinodeya-ecolife.com/


<関連企画>「自分の家用に作るのは難しいけれど、太陽光発電のことを学んでみたい!」という方はこちら!
Social 発電所 見て触れて学んで活かす!<みんなで一緒に 太陽光充電スポットを作る実験>
参加費:1回 1,000円、時間:同日午前中開催、場所:同上、定員:各回20名 単発参加も歓迎!
詳しくはこちら→ http://hanareproject.net/event/2015/11/social.php

  • 第6期 家庭菜園するみたいに ベランダで太陽光発電しよう!
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。