メニューをスキップして記事へ


ここから記事

京都環境フェスティバル2015

  • 2015年12月16日(水) 15:20 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    1,192
自転車発電

京都環境フェスティバル2015(2015年12月12-13日)にてご利用いただきました。

一昨年、昨年に続き、京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)で開催された京都府主催の
環境フェスティバル。?一人ひとりが主役!わが家・わが社のeco活動実践?として、
環境について楽しみながら、学び・考えることができる参加・体験型イベントが開催されました。

京都府トラック協会京都市環境政策局環境優良車普及機構近畿スマートエコ☆ロジ協議会
大阪ガスが運営するブースにおいて、環境にやさしい低公害車推進に向けて、自転車発電装置
を使った車のエコドライブ体験に協力しました。

今年の自転車発電装置を使ったエコドライブ体験は、昨年からパワーアップして、発電開始が
見えるメーターや積算発電量が表示されるメーターを搭載した「見える化」装備を加えました。
自転車をこいで車のエンジンとなり、車のヘッドライト(ロービームと称したLEDとハイビームと
称した白熱電球)、カーステレオ(と称したCDラジカセ)、カーエアコン(と称した扇風機)など、
車で使われる電装品を動かしてもらいました。

2日間で100名以上の方々に自転車をこいで、車のエンジンになる体験をしていただきました。
車の電装品の使い方を工夫することで、エンジンの負担も減り、燃費改善、エコドライブにつながります。
電装品を使えば使うほどエンジンが大変だってこと、体験的に伝わったのではないでしょうか。

■会場の入り口。


■当日の会場の様子。カッパも来てくれました!


■エコドライブブースの様子。実際の車に乗ってエコドライブが体験できる体験教室もありました。


■自転車でエコドライブ体験とは?


■自転車発電エコドライブ体験ブース 準備完了♪


■エコドライブブース、大人気です!


■ヘッドライト(LED電球)やカーステレオ(CDラジカセ)を動かして車のエンジンの負担を体験できます。


■発電しているか(回転数)、何ワット発電しているか(出力)、どれくらい発電できたか(発電量)をメーターで"見える化”しました。


■扇風機(カーエアコン)をつけると大変だね?!


■ボーイスカウトの子達も自転車でエコドライブ体験中!


■NPO法人気候ネットワークさんでは自転車発電で「パワーシフト」をアピールされていました!


■ニンニンジャーも環境フェスティバルに登場!子どもたちは大興奮!


■ウルトラマンのXのような100%電気自動車「ジオアトス」。


■クロネコ、シロネコ、まゆまろも会場に来てくれました!


京都府地球温暖化防止活動推進センターさんの「低炭素食材」推進ブースです。


■LEDライトで野菜を育てる時代がくるのか!?


ふろしき研究会さんにいろんな風呂敷の使い方を教えていただきました!


■漫才師「銀シャリ」も会場のみなさんと一緒に地球温暖化についていろいろ学んでいました!


■リデュース・リユース・リサイクル。この順番が大事です!


■会場ではもちろん、リユース食器です!


■ひのでやのスタッフもエコドライブに挑戦。なんと4位でした!


■エコドライブ講師の先生は堂々の2位!


■自転車発電でも高得点を維持する先生。さすがです!




使用機材:
・自転車発電装置(通常タイプ)×1台
・固定スタンド×1台
・チャリ発メーター×1台 ※
・展示用トロマットポスター×1枚
・ひのでやスタッフ×1名?2名
ご準備いただく物:
・自転車(20~26インチ)×1台
・モニター×1台

※本イベントで使用したチャリ発メーターの画面等は、特別仕様となっています。
貸出は行っておりませんので、使用を検討される場合は別途ご相談ください。

その他のご利用例については、自転車発電の記事一覧をご覧ください。

■過去の出展報告
京都環境フェスタ2014の報告はこちら。
京都環境フェスティバル2014

京都環境フェスタ2013の報告はこちら。
京都環境フェスティバル2013

ご家族でもお一人でも楽しめる環境フェスティバル。
エコドライブで、環境にもおサイフにも同乗者にもやさしい運転の仕方を
ぜひ一度体験してみてください!

そんな自転車発電装置については、下記ページをご参照ください。
自転車発電装置の貸し出し・製作代行

表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。