Ecolife情報 > 家庭の対策

野菜の下ごしらえに電子レンジを使う

 野菜の下ごしらえをするときに電気レンジを使用すると、コンロと比べて調理時間を短縮することができます。

 そして、電子レンジで下ごしらえをするのに使用するエネルギーとコンロでお湯を沸かして茹でるのに使用するエネルギーを比較すると電子レンジのほうが少なくて済み、省エネになります。野菜本体を加温することができ、お湯を沸かす分が必要ないためです。

 効果

 200gのほうれん草をお湯でゆでた場合と電子レンジで加熱した場合を比較したとき、電子レンジは調理時間が約1/2(3分)、電気代は約1/6(0.9円)になります。

※お湯はIHクッキングヒーターで沸し、電気料金は21.04円/kWhで計算しています。

出典:東京電力TEPCOくらしのラボ http://www.tepco-switch.com/life/labo/research/microwave/q_a-j.html

 費用

 特にかかりません。

 関連の取り組み

 同じ電子を使った省エネにはE94 肉料理の仕上げに電子レンジを使うという取り組みがあります。

 導入のしかた

 野菜を下茹でするときに、コンロを使わずに電子レンジを活用するだけです。野菜を洗った状態で、ふたをして、電子レンジにかけてください。

 おすすめの家庭

 省エネと調理時間の短縮を併せて行いたい家庭におすすめです。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-21 (火) 12:01:04 (789d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所