Ecolife情報 > 家庭の対策

肉料理の仕上げに電子レンジを使う

 肉料理を調理するとき、中まで火を通すには長時間弱火にかける必要があるので意外とガス代がかかります。また、外側に焦げ目がついてきたとしても、中まで火が通っていないということもあります。

 こういうときは電子レンジがお勧めです。電子レンジは、電気代がかかるという印象がありますが、この場合は使用する時間が短く、また中から温めるので肉料理の仕上げには向いており、結果的に調理時間とガス代を節約することができます。

 ぜひ、焦げ目をキレイに付けたあとは、仕上げに電子レンジを使用してみてください。中まで火が通っていないという心配もなくなります。

 また、焼いたり煮込んだりする前に、先に電子レンジを使っておくことも有効です。

 効果

 電子レンジ自体は効率がそれほどいいものではありませんが、調理する材料を直接温めることができるため、上手に活用する価値があります。

 費用

 特にかかりません。

 関連の取り組み

 同じ電子レンジを使った省エネにはE84 野菜の下ごしらえに電子レンジを使うという取り組みがあります。

 野菜をゆでる場合も、ゆでる分の水を使わなくてすむために、エネルギー消費を大幅に下げられます。

 導入のしかた

 肉料理で中まで火を通すときに、コンロだけに頼るのではなく、電子レンジを活用するだけです。

 おすすめの家庭

 省エネと調理時間の短縮を併せて行いたい家庭におすすめです。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-10 (水) 09:56:15 (219d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所