Ecolife情報 > 家庭の対策

 風呂・シャワーの対策一覧

 熱いお風呂に肩までつかるのは、心臓への負担も大きくなります。風呂でリラックスするためには、少しぬるめのお湯にゆっくり入っていることが大切です。至福の時間を楽しんでください。

 給湯は家庭のエネルギー消費の大きな割合を占めているものの、あまり認知されていない分野です。省エネ型の給湯器も多種ありますし、太陽熱を利用することも可能です。またお湯の量の調整は、ふだんの生活でも可能で、大きく減らせる余地があります。

「E33 風呂の追い炊きの口に栓をして、追い炊きはしない」取り組みは、浴槽の穴が2つある「自然循環型」のタイプでは省エネにとても有効です。ただし、給湯器やボイラーに水が届かなくなることで故障など問題が起こる可能性もあります。

 コメント

  • アドバイスありがとうございます。貴方は今、ユックリ大きなお風呂に入り、 -- 2013-09-13 (金) 16:52:13
  • 癒しモードにいるお方ですか?確かに2人でラブラブしながら入ればエコですよね♪早速エコ開始致します! -- 2013-09-13 (金) 16:55:07


  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-10 (水) 11:14:13 (47d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所