Ecolife情報 > 家庭の対策

複数台ある場合には小型のテレビを使うようにしましょう

#ref(): File not found: "e16-tv-size.JPG" at page "E14 家にある消費電力の少ないテレビと交換して使う"

 テレビの消費電力は、小型のものほど小さく、大型になるほど大きくなります。画面が大きければ、そのぶんだけ画面を明るく照らす必要があるためです。

 21インチなどの小型のテレビの消費電力はおよそ30〜50W、32〜42インチでは50〜80W、50インチなど大型では150W以上になります。以前のものは消費電力も大きく、ハイビジョンが出たてのころの大型テレビの中には、300W以上消費するものもあります。

 14インチなどの小型のテレビの消費電力はおよそ40〜60W、32〜42インチでは80〜100W、50インチなど大型では200W以上になります。(2015年削除)

 テレビは、家庭でつけている時間が長いものですので、少しでも省エネ型のほうが効果が大きくでてきます。

 効果

電気の削減(kWh)光熱費の削減(円)二酸化炭素排出量の削減(kg)
1ヶ月の削減92003
1年の削減1102,40040
  • 1日6時間テレビをつけている家庭について、既存の28型(150W)のテレビを、21型(100W)に切り替えた場合の推計です。

 費用

 家に複数台ある場合には費用がかかりません。

 関連の取り組み

 テレビは家庭の電気消費のおよそ1割を占めており、提案も多くなされています。E16 小型のテレビを購入して使うや、E15 同じ大きさで、より消費電力の少ないテレビを購入するといった機器の提案があります。

 あとは、番組表を確認してつける時間を短くすることも有効です。

 導入のしかた

 居間などに複数台のテレビがある場合には、ふだんは小さい方を使うようにしてください。映画やスポーツ番組など、大画面が必要なときに、大きなテレビをつかうなど、切替も有効です。

 おすすめの家庭

 複数台持っている家庭の場合におすすめです。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-10 (水) 10:48:11 (219d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所