Ecolife情報 > 家庭の対策

アイロンは余熱を上手に活用する

 アイロンが電気を消費するのは、主に最初に温度を上げる時です。電気を切ったあとは、ゆっくりと冷めていきます。蓄電池で動くアイロンもありますが、いちど温度が上がっていると、温度を維持するためにはそれほど電気を消費しないために蓄電池でも動作するものです。

 このため、麻や綿など高温でアイロンがけをする必要があるものを先にすませ、化繊など低温のものは、余熱を活用するなど余熱を有効に利用することが効果的です。

 効果

 費用

 特に費用はかかりません。

 関連の取り組み

 何回もわけてアイロンをかけずに、E103 アイロンはまとめてかけることも有効です。

 導入のしかた

 特に特別な手間はありません。

 おすすめの家庭

 どの家庭でも取り組めます。アイロンをよく活用する家庭におすすめです。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-21 (火) 12:00:52 (849d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所