Ecolife情報 > 家庭の対策

給湯器をエネファームに置き換える

 家庭用の燃料電池で発電をしながら、お湯を作り出すことで、効率性を高めた「エネファーム」2009年から販売されています。省エネ性能が高いほか、発電を行うことができるため、災害などの停電時にも一定量の電気を供給することができます。

 火力発電所では、石油や石炭などを燃やして電気を生み出していますが、エネルギーのすべてを電気に変えることはできず、およそ6割は排熱として捨てられています。家庭で発電する場合には、この熱を温水として利用できることから、非常に効率が高くなっています。

 まだ価格が高いため国からの補助金が出されていますが、徐々に販売価格は下がってきています。

 効果

 当初のエネファームは、電気とお湯の両方を多めに使う方でないと、効果が出しにくい面がありました。

 ただし最近は、SOFCという発電効率の高いタイプも販売されるようになり、お湯の消費が少なくても効率が高くなっています。また、もともと家庭で使う電気をまかなうだけで、電気の売電はできませんでしたが、電力自由化の中で、買い取ってもらうこともできる場合があり、より効率的な運転が可能となっています。

 費用

 既存の給湯器に比べてやや値段は高めですが、補助金を差し引いて100万円強程度で設置が可能です。

 まだ設置価格が高いので、光熱費としてもとをとることは難しい状況です。

 関連の取り組み

 同じように、電気とお湯の両方を生み出す装置としては、エコウィル(ガスエンジンコジェネレーション)もあります。エネファームより以前から販売されてきましたが、エネファームの効率が高く、またエンジンのために音が大きいこともあり、最近は販売が少なくなっています。

 導入のしかた

 ガス工事のお店を通じて、申込みができます。

 おすすめの家庭

 初期投資費用が高いため、光熱費削減でもとをとるのはまだ難しい面はあります。ただし、災害時の電気利用などのメリットがあり、そうした面も含めて評価できれば、おすすめです。

 また、大きな貯湯槽を持つエコキュートと同じくらいの設置面積が必要になります。設置場所に余裕がある方におすすめです。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-24 (月) 23:38:28 (302d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所