Ecolife情報 > 家庭の対策

屋根にソーラーシステム(強制循環式)を設置しましょう

 ソーラーシステムは太陽熱温水器の改良型です。屋根の上には集熱パネルだけが設置され、お湯は地上のタンクに溜める仕組みになっています。屋根に重量の負担がかからず、地震への心配も少なくてすみます。シャワーなども利用でき、使い勝手は改善しています。

 太陽の熱を使ってお湯を沸かすため、省エネの効果がとても大きな取組みです。性能がよいため、冬場でも加温せずにもお湯を作り出すことが可能です。給湯器と接続することによって、通常の給湯器と同じ使い方ができます。

 海外では、屋根だけではなく、ベランダの手すりなども活用して集熱を行っている例もあります。太陽熱温水器自体は、日本ではあまり宣伝を見ることが少なくなってきましたが、海外では自然エネルギーとして特に注目されています。スペインや中国など、新規住宅建設の場合には、設置が義務づけられている場合もあります。

 効果

現在都市ガスでお湯を沸かしている場合

都市ガスの削減(m3)光熱費の削減(円)二酸化炭素排出量の削減(kg)
1ヶ月の削減141,75331
1年の削減16621,031369

現在灯油でお湯を沸かしている場合

灯油の削減(L)光熱費の削減(円)二酸化炭素排出量の削減(kg)
1ヶ月の削減161,25340
1年の削減19315,038480
  • 年間の給湯需要のおおよそ4〜6割をまかなえるとされています。(上記計算では4割削減と設定)
  • 住宅建築主の判断基準の資料には太陽熱温水器の有無によるエネルギー消費量の差が示されています http://ees.ibec.or.jp/documents/img/kaisetsu200903_06_kyuutou.pdf(IBEC)の224ページ
  • 都市ガス、灯油の消費量は、省エネラベリング制度で設定されている「年間の目安燃料使用量」の最大値(標準的機種)の値を用いています。

 費用

 工務店にもよりますが、60〜100万円かかります。E07 太陽熱温水器を設置して利用するならば30万円程度ですみ、簡単なしくみでよければこちらのほうが安定して動くようです。ただし、冬場の凍結などには注意する必要があります。

  • 設置費用が高いため、都市ガスなら20年、灯油なら40年程度使わないと元はとれない計算になります。
  • ソーラーシステムとしては国や自治体の助成制度がありますので、活用してください。(環境ビジネス.jp: http://www.kankyo-business.jp/subsidy/solarheat_index.html

 関連の取り組み

 同じく太陽熱を利用する仕組みとして、E07 太陽熱温水器を設置して利用するがあります。太陽熱温水器は、屋根の上に集熱器とタンクが一体となっているものを呼んでおり、ソーラーシステムはこれよりも高性能な分、多少値段も張ります。

 E01 太陽光発電装置を屋根にとりつける方法は、太陽熱温水器に比べるとメンテナンスの手間もありません。

 導入のしかた

 値段が高いので、まずはホームページや住宅展示場などでパンフレットなどを取り寄せ、メーカーや工務店の比較検討をしてみてください。

 ホームページでは、社団法人ソーラーシステム振興協会 http://www.ssda.or.jp/ などで取り扱い業者や情報を探すことができます。助成制度についても情報が整理されています。

太陽熱温水器メーカー

 おすすめの家庭

 日光がよくあたる一軒家をお持ちの方なら、環境負荷削減の観点からおすすめです。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-21 (火) 12:00:50 (482d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所