Ecolife情報 > 家庭の対策

風呂から出るときには湯船にふたをする

 風呂から出るときには湯船にふたをすると風呂が冷めにくくなります。

 また、ホームセンター等では、アルミ蒸着のシートが売られており、これを風呂の大きさに切って湯面に浮かべておくと、より冷めにくくなります。

 効果

 追い焚きには意外と多くのエネルギーがかかります。差し湯でない場合には、一度風呂のお湯を給湯器まで送って、温めなおしたものを、入れることになります。その間に配管が冷えている場合には、その熱が無駄になってしまいます。

 なるべく追い焚きが必要ないように、風呂の熱が逃げるのを止めることが有効です。

 費用

 お風呂のふたを持っていない場合には、用意してください。ホームセンター等で購入できます。

 関連の取り組み

 保温効果が高くなっても保温時間が長くては効果が半減します。E35 風呂は家族が続けて入るようにして、保温する時間を1時間短くするといった取り組みも合わせて実行してみてください。

 リフォームができるのであれば、ユニットバスにしたり、浴槽を断熱浴槽にすることでも、冷めにくさが大きく違ってきます。

 導入のしかた

商品例

 おすすめの家庭

 2人以上の家族で、続けて風呂に入れない場合におすすめです。

 1人家庭の場合には、シャワーですませるか、銭湯を利用するほうが環境負荷が小さくなります。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-21 (火) 12:00:57 (911d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所