メニューをスキップして記事へ


ここから記事

下鳥羽ふれあいカーニバル 自転車でエコドライブを体験

  • 2013年2月28日(木) 16:28 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    1,719
自転車発電

下鳥羽学区は、平成23年7月に京都市から低炭素社会の実現に向けた
先進的な取り組みを実践するモデル地区「エコ学区」(※)に認定され、
2年間のモデル事業として、平成23年度は「うちエコ診断」による
家庭の省エネ診断と省エネ学習会を開催されました。

2年目となる平成24年度は、車のエコを主なテーマに地域実験事業に取り組まれており、
弊社は、平成24年度の下鳥羽学区の地域実験事業をサポートしています。

下鳥羽ふれあいカーニバル(平成24年11月11日開催)では、
下鳥羽学区エコ学区推進協議会が主催するエコ交通ブースの企画運営をサポートし、
・エコドライブ事前走行会結果展示
・下鳥羽エコ交通マップづくり
・自転車発電装置を使ったエコドライブ体験
・自転車発電体験
を実施しました。
ここでは、自転車発電に関する内容をご紹介します。

今回は通常の自転車発電装置を2台を使った発電体験の他に、
東京モーターショー2011で活躍したエコドライブ体験システムも体験していただきました。

通常の自転車発電では、CDラジカセや電球を使った発電体験をしてもらいました。
中には、かなりの時間発電を続け、CDラジカセで会場BGMを鳴らし続けてくれた小学生もいました。

エコドライブ体験では、「発進チャレンジ」というミニゲームに挑戦してもらい、
ゴールまでのタイムを競いつつ、急加速によるエンジンの大変さを自転車のペダルを通じて体感してもらいました。
画面があるとより盛り上がるのか、当日はたくさんの方に体験いただきました。


※エコ学区について
低炭素社会の実現に向け、学区(地域コミュニティ)を単位とする「エコ化」を推進し、
CO2 削減とライフスタイル転換につなげていくことを主な目的としています。
区役所、支所ごとに1学区(山科区は全学区)が認定され、2年間にわたって
各学区それぞれが工夫を凝らした省エネ活動や実験的なエコ活動に取り組んでいます。

続きを読む (15 ワード)

NEGAIDAMA PROJECT (願い玉プロジェクト)

  • 2013年2月14日(木) 23:58 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    1,911
自転車発電

世界中の一人ひとりの願いに明かりを灯そう!
そんなビジョンを掲げる「NEGAIDAMA PROJECT」で、
弊社の自転車発電装置をご利用いただいております。
願いを込めた書を書いてもらい、それを大きな「NEGAIDAMA」に貼り付け、
自転車発電装置(他の自力発電装置も募集中)の電力で明かりを灯す企画です。

NEGAIDAMA ROJECT」のWebSiteから過去の動画や写真をみることができます。

続きを読む (1 ワード)

未来フェスタ京都「科学×エコ」 自転車発電でミックスジュースを作ろう!

  • 2013年1月 8日(火) 10:21 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    1,681
自転車発電

未来フェスタ京都「科学×エコ」(2012年10月8日)に出展しました。

今回は、自転車発電装置でミックスジュースをつくろうという企画。
ミキサーは、消費電力がとても大きいため、1人で発電するのは大変です。
そこで今回は、2台の自転車発電装置を連結し、2人で協力して発電することで、
2人分のジュースを一気につくることにしました。

約160名の参加があり、準備してもらった80本のバナナは完売となりました。
夫婦、親子、姉妹・兄弟、友達と協力してのジュースづくりはとても盛り上がったようです。
一汗発電体験をして、ジュースをおいしく飲んでもらえたでしょうか。
そして、発電の大変さは伝わったでしょうか。

また機会があれば、新たな企画で出展できればと思っています。

続きを読む (13 ワード)

自転車こぎ、「発電」 (赤旗 2012年12月20日)

  • 2012年12月26日(水) 20:03 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    1,795
自転車発電

2012年7月に舞鶴市で開催されたイベント「未来をひらく市」に出展した際に、赤旗さんから取材を受けました。

イベント会場の入り口では、薪ストーブやソーラークッカー、
ソーラーウォール(太陽の熱で空気を暖めることができるパネル)の他、
太陽光発電、ペットボトル風車、小水力発電など、
がんばれば手作りもできそうな装置も多くありました。

イベントは夏でしたが、展示ブースでは、
どちらかと言うと冬に活躍しそうなものが多かった印象があります。
おいしいコーヒーなどステキな飲食ブースもあり、
他のブースの方ともいろいろとお話することができて、とても楽しいイベントでした。

続きを読む (17 ワード)

体育祭60回記念 前夜祭 紫竹ギネスに挑戦だ!

  • 2012年12月21日(金) 18:26 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    50,571
自転車発電

紫竹学区体育祭60回記念の前夜祭(2012年10月6日)にてご利用いただきました。

体育祭の前夜祭企画において、自転車発電装置をご活用いただきました。
紫竹ギネス挑戦の競技として、50メートル走、紙飛行機、自転車発電があったようです。

なんと、手動式(5個の電球を順番にスイッチで点灯させる方式)の表示器を自作されたようでした!
この表示器、5点灯させると最大何Wの負荷だったのでしょうか。
それにしても木製のフレームがとても美しいですね。すばらしい・・。

今後も地域のイベントに活用いただければと思います。
ご利用ありがとうございました。

続きを読む (14 ワード)

同志社中学校文化祭2012

  • 2012年12月20日(木) 20:40 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    1,619
自転車発電

同志社中学校学園祭(2012年10月6日)にてご利用いただきました。

学園祭で中学1年生A組のテーマは「家電」。
サイエンス部所属の3名を含めた4名が、発電に関しての研究や実際に体験型の取り組みを考え、
その展示の中で自転車発電を使うことになりました。
扇風機などを動かして「暮らしの中の電気」を体験できたでしょうか。

続きを読む (9 ワード)

自転車発電のススメ(その3)

  • 2012年12月20日(木) 20:19 JST
  • 投稿者:
    nishimura
  • 閲覧数
    1,387


自転車発電のススメその3です。

今回は表示器対応型の自転車発電についての紹介です。
自転車をこぐ速さに応じて5段階の電球表示(20Wから100Wまで)ができるのですが、写真と文章だけでは、イメージしにくいところもあると思いますので、ぜひ1度動画をご覧ください。


自転車発電のススメ その3(YouTube)


続きを読む (8 ワード)

ハロウィン・デコチャリ大活躍!

  • 2012年12月20日(木) 14:09 JST
  • 投稿者:
    Taku Shimizu
  • 閲覧数
    1,548
自転車発電

ハロウィンのイベント(2012年10月31日)にてご利用いただきました。
 
自転車にイルミネーションをデコレーションして、自転車発電の電気で点灯させる『ハロウィン・デコチャリ』をされたようです。ハロウィン当日には、子どもたちがいっぱい集まってくれて大成功!子どもたちに大人気だったそうです。

続きを読む (10 ワード)

自転車発電が出てくる演劇 ロロさんの再演 京都にて

  • 2012年10月 3日(水) 12:41 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    1,340
自転車発電
以前、東京のアゴラ劇場で公演をされたロロさんに再び自転車発電をお貸しすることになりました。
なんと演劇の中で、自転車発電の出番があるそうです。
しかも、噂によれば、感動シーンだとか!?

この後、京都、仙台で再演されます。
ロングランになればいいのに・・と思いながら、観に行ってきます。
楽しみです♪
みなさんもぜひ。

■場所:京都市 元立誠小学校 (木屋町蛸薬師下ル)

■日程:2012年10月
  5日(金) 19:00?
  6日(土) 14:00?
  8日(月・祝) 19:00?
  9日(火) 16:30?

■チケット:
一般/前売2500円 当日2800円
学生/前売2300円 当日2600円
高校生以下/1000円(予約・当日共)

詳しくは以下でご確認ください。
http://llo88oll.com/next.html

自転車を使ったエコドライブ体験システムの利用受付開始

  • 2012年9月27日(木) 10:53 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    1,402
自転車発電

自転車発電装置を使って、自動車のエコドライブを体験することができます。
専門のスタッフ付きで本システムのご利用受付を開始しました。

自転車発電装置を使ったエコドライブ体験では、あなたが車のエンジンとなります。急発進、急なブレーキなどを行うと、エンジンの負担(燃料の消費量)はどうなるのでしょうか。このシステムでは、エンジンの大変さを身をもって体験することができます。エコドライブを意識できること間違いなし。その他、子ども向けに200メートルを走りきるまでの時間を競う「発進チャレンジ」モードもあります。

※本システムの利用には、専門のスタッフが必要になります。詳しくはお問い合わせください。

続きを読む (10 ワード)