メニューをスキップして記事へ


ここから記事

木枠で作る内窓ワークショップ参加!

  • 2018年1月18日(木) 10:50 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    479
コラム-千々石

2018年1月10日(水)、京のアジェンダ21フォーラム主催(京都市委託事業)、(有)ひのでやエコライフ研究所が共催した”窓断熱セミナー「トイレの窓から始めよう!~木枠で作る内窓~」”に参加しました。家の中の一番小さな窓、トイレの内窓を作り、モニターとして温度の測定をする、というミッションをいただき、念入りにトイレの窓の木枠の寸法を測りワークショップに挑みました。

さて、ひのでや主任研究員の大関よりワークショップの流れの説明の後、参加者の自己紹介でスタート!最近、北海道より京都に引っ越して来た方が、「京都の冬は本当に寒い!」とおっしゃったのにはビックリ!京都の冬ってそんなに寒かったのか…と改めて認識するのでした。

まずは講師のひとり、エネルギー管理士のひのでやの山見より窓からの熱の「断熱」と「遮熱」の説明がありました。夏と冬の窓からの「熱」をコントロールすることによって、いかに省エネ効果が高く、生活の快適度が変わるか、熱のこもった説明がありました。

このあと実際にリフォーム後の「内窓」見学へ。会場のまちなかエコライフ研究所の洗面所とトイレの内窓を見て、「ほほぅ、こうなるのか!」「木枠がオシャレ!かわいい!」との声が参加者の間で飛び交い、それぞれ自宅の窓を想像し、テンションが上がっていきます。

続きを読む