メニューをスキップして記事へ


ここから記事

イベント用ツール

 人が集まるイベントで環境や省エネのことを考えながら、楽しんでもらえる各種ツールを用意しています。環境イベントに限らず、結婚式や地域のお祭りなどに、エコのスパイスを加えて楽しんでもらうこともできます。

 

自転車発電

 体力をつかって発電をし、明かりがついたり、テレビがついたり、かき氷やジュースができたりします。子ども向けには、鉄道模型Nゲージを動かすことも可能ですし、テレビゲームの大変さを楽しみながら実感してもらうこともできます。

 複数台用意すると、親子やカップルで協力して電気機器を動かしてみたり、逆にお互い競争をしたりすることもできます。

 こどもから大人まで楽しめますし、頑張っている様子を回りから眺めているのも楽しいものです。

 装置のレンタル製作代行のほか、製作キットの販売も行っています。 

 

手回し発電

 かわいらしい木製の発電装置で、小さなお子さんでも、楽しみながら発電を体験することができます。

 小さいといいながら、スマホの充電にも活用できます。貸し出しも行っています。

エコゲーム・省エネ展示

 タブレット端末やノートパソコンを使って、展示ブースを盛り上げます。

うちエコキッズ

 うちエコキッズ(家庭で使っているエネルギー機器を選ぶと、氷が溶けてペンギンが海に落ちてしまいます。どうしたらペンギンを救えるかな?)

 家電省エネ★くらべ(省エネラベルの星の数でどれだけ電気代の差が出てくるのか、チェックできます。放っておくと動きのある画面でオートデモが始まります。

 

省エネ診断・省エネ相談

 イベントとして省エネ相談所を設置していても、わざわざやってくる人はなかなかいないものです。けれども、「時間があればとりあえず座っていってください」と呼込みをすると、意外と話が盛り上がり、よかったと喜んでもらえます。

 15年以上各地で活用している診断ソフトは、無償で公開しています。省エネやエコライフを伝えるきっかけとして、重宝されています。

 

1)会話を大切にしてやる気になってもらう

 簡単な省エネチェックシートに記入をしてもらって、話をすすめていく方法が盛り上がります。このときに、なるべく省エネの取り組みで「できていること」をほめるようにしてください。省エネって不思議ですが、家庭でがんばっている人ほど、家族にうるさがられており、やる気をなくしがちです。だれでも、習慣で取り組んでいることがあり、そうした一つひとつを評価して、元気づけてあげることができるのが、相談所の大きな役割です。

 そうした視点で、来場者との会話を重視していくことができるのであれば、簡易エコライフチェックを使った、京都市の省エネ相談所の取り組みがおすすめです。

 この場合には、できるだけ「世間話しが得意」な方がスタッフにいると、望ましいです。省エネのアドバイスをすることも大切ですが、むしろどんな取り組みをしているのか、取り組みが難しい理由などを、うまく聞き出せることが大切です。

 EXCELも使うので、事前に少し練習をしておいてください。

 

 

2)来場者に自分で操作して楽しんでもらう

 コミュニケーションを重視したスタッフを配置できない中で診断をしたい場合、ボタン操作で簡単に診断ができるツールがおすすめです。自由にダウンロードして使ってもらえるツールを用意しています。

 うちエコキッズのソフトには、家庭でのCO2削減に有効な対策を診断する機能のほか、小学生でも家庭のエネルギー消費について学べる機能もついており、設置をしておくと楽しんでもらえます。タッチパネル式のパソコンがおすすめです。

 同じタッチパネルで診断ができるものとして、うちごみ診断WEB省エネ相談所 なども用意しています。上記のEXCEL版と同様の機能がありますが、ボタン操作をするだけですので、結果印刷までの作業をひとりで進めることができます。

 ただし、操作の仕方や、呼込みのためには、スタッフは必要です。

 

3)いずれにしても、省エネグッズは置いておきましょう

 せっかく本人が来てもらっているのですから、省エネグッズを触って試してもらういい機会です。イベントとしても、情報が並んでいるだけより、実物があるほうが楽しめます。エコライフ情報(wiki)を参考に、グッズについての説明ができるようにしておくと、喜んでもらえます。ショッピングセンターなどで診断をするイベントでは、そのお店で販売をしているものなどの紹介もするといいでしょう。

 

 

COOL CHOICE宣言ボタン

 パソコンにつないだボタンを押すと、「COOL CHOICE」と声が流れ、全国で同じように宣言した人の数が表示されます。いま環境省で推進されているCOOL CHOICEの活動に、少し寄与することができます。(厳密には宣言数としてカウントすることはできません)。

 単に100円ショップの手元照明と、Arduinoを使っただけですので、自作は比較的簡単です。専用WEBにアクセスしてお使いください。できたら、クイズの回答ボタンなどつくりたいと考えています。

 

 

 

 

 

最終更新日:: 2017年6月 6日(火) 12:05 JST|閲覧数: 604