メニューをスキップして記事へ


ここから記事

リターナブルペットボトル

スウェーデンのリターナブルペットボトル(1.5?)
販売してます(返却の必要はありません) 840円(税込)
数に限りがございます。

【日本のペットボトルと比較して、スウェーデンのリターナブルペットボトルの特徴】

・分厚い
・何度も使っていることがわかる
  (傷がある、使った回数分印がある)
・容器の種類が少なく、統一されている
  (日本の様にメーカーや内容によって、ねじれや
縦線などボトルの個性がない。
→メーカーを越えて再使用できる)
・デポジット制
  (返却時にお金が戻ってくる。
容量ごとに異なるが数十円)
・ラベルが紙でできている
 底に使用回数分だけ印がついている。



そういえば・・・
・返却時、日本の様にラベルをはずし、洗って乾かして・・・ということはせずに、そのまま返していました。
・返却場所は、飲み物を販売しているところ(スーパー、キヨスク、ガソリンスタンド・・・)です。その場でお金を受け取ります。
・大手スーパーなどでは、マシーンにボトルを入れるか、ケースごと入れるとレシートが出てきて、それを買い物時レジに持っていくと、返金してくれるシステムもありました。


【紹介の仕方の例】
・展示
・授業などで、実際に手にとってもらい、気づいたことを言ってもらう。海外のリターナブルボトルの事例紹介をする。
・授業などで、ワンウェイ瓶、ペットボトル、缶、紙パック、水筒を用意し、環境への負荷が多い順に並べてもらう(この順)。
ここにリターナブルペットボトルを入れると、どの位置になるか。日本でもこういったものがあるか、見たことがあるか、それはなにか(ビール瓶や一升瓶など)。
なぜ、日本では普及していないのか考える。

最終更新日:: 2007年5月22日(火) 17:52 JST|閲覧数: 10,737