Q4.石油ストーブはお湯も沸かせるので省エネな器具である?

1.そのとおり

2.そうとは言えない

答えは、一番最後にあります

解説

 一石二鳥?  暖房しながらお湯を沸かすと、2つのことを同時にできることは便利で、有効利用しているような気になります。さらに洗濯物も乾きますし、やかんでお湯を沸かすと水蒸気で乾燥しないというメリットもつくかもしれません。一見すると、こんなに便利な機器はないように思えます。

 しかし前の質問にあったように、石油ストーブは二酸化炭素排出が多く、暖めすぎの傾向もあります。お湯が沸くのは、有効活用されていない熱が(人のいない)天井に向かって流れていることを意味しています。つまり、それだけ無駄な分があるということです。

 暖房のためにエアコンをつけて、お湯を沸かすためにガスレンジをそれぞれ使うほうが、二酸化炭素排出は少なくなります。つまり、2つのことに使えるからといって、省エネであるとは言えないのです。

留意点

 【エアコンが効かない地域では】

ただし非常に寒いところでは、エアコンは有効に機能しません。石油ストーブを使わざるをえないところでは、逃げるエネルギーを有効活用してください。

関連情報

[答え] 2.そうとは言えない


  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-21 (火) 12:01:11 (1185d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所