Q6.ポットで沸かしたお湯は、保温しておくのと、保温を切って沸かし直すので二酸化炭素排出量は違う?

1.保温するほうが少ない

2.沸かし直すほうが少ない

3.変わらない

答えは、一番最後にあります

解説

【「熱が逃げる分」を補うためにエネルギーを消費する】

 保温に使われるエネルギーは、熱が逃げた分だけ必要となります。このため、熱が逃げにくいようにしておくほうが、消費エネルギーは少なくなります。

 最近のポットには「省エネ保温」モードがあり宣伝されています。これはお湯の温度を約60度まで下げて保温しています。熱が逃げる速度は、お湯と室温の温度差に比例するため、お湯の温度を下げると逃げる熱も少なくなるのです。  同じことで、保温を切って冷める状態のほうが、トータルで逃げてしまう熱の量は少なくなります。あらためて温めなおす時には、冷えていますのでたくさんの電気を食うように思えますが、トータルでみると温め直すほうが消費電力量が少なくてすみます。

 つまり、できるだけ保温はしないほうがいいことになります。特に夜など使わない時には消しておくことが大切です。

★★毎日24時間保温していると大変

 ポットのカタログによると480kWhの電気が消費されます。これは電気代にすると約1万円。家庭の電気消費の1割にも達します。

★★お湯の量に関係するの?

 保温のエネルギー消費量はお湯の量にはほとんど関係ありません。少量でも多量でも同じだけ保温のために電力がかかります。

関連情報

[答え] 2.沸かし直すほうが少ない


  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-21 (火) 12:01:12 (1185d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所