Ecolife情報 > 省エネクイズ

Q11.スチール缶やアルミ缶を1個作るためのエネルギー消費量は、テレビを見ている時間に換算すると?

1.約15分

2.約3時間

3.約30時間

答えは、一番最後にあります

解説

 アルミ缶やスチール缶を1個作るために必要なエネルギー量は、いずれも約1500キロカロリーと推定されています。

1500キロカロリー≒ 6300キロジュール(1カロリー=4.2ジュール)
= 6300キロワット秒(1ジュール=1ワット秒)
≒ 1.7キロワット時(3600ワット秒=1キロワット時)

 中型(60W)のテレビ視聴時間に換算すると  1.7(キロワット時)÷0.06(キロワット) ≒ 30時間

 なんと30時間もテレビをつけっぱなしにするのと、同じだけのエネルギーが消費されることになります。120円出して缶ジュースを買ってしまうと、家に帰ってからテレビを30時間がまんしないと、省エネにならないことになります。

 ものを製造するときのエネルギー消費量は非常に大きいのですが、結構無視されがちです。現在は100円ショップなどで、安い商品が売られていますが、値段は安くても使用されているエネルギーが大きいことには変わりありません。「安いからすぐに捨ててもいいか」と考えるのは、エネルギーを無駄に消費することにつながります。いい物を買って長く使うことはとても大切です。

 100円の商品でも1ヶ月しかもたないのであれば、5年もつ5000円の商品のほうがお得です。(安物買いの銭失い)

★★ものを製造するために必要なエネルギー量

 紙切れ1枚では…。A4サイズの紙1枚を作るためにも、テレビ20分相当のエネルギーが必要になります…。

[答え] 3.約30時間

  • テレビの省エネが進んでいるために、100Wから60Wに変更しました(2018年5月)

  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-12 (水) 18:31:04 (98d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所