Ecolife情報 > 家庭の対策

掃除機の集塵袋をこまめに点検交換する

 最近、掃除機の吸い込みが弱いと感じることはありませんか?

 フィルターやごみパック等の集塵袋が詰まってしまっているために、吸い込み力が低下することがあります。特に詰まったまま掃除機を使用するとモーターに負担がかかったり、掃除する時間が長くなるなどいいことはありません。

 省エネのためにも、まめにフィルターやごみパック等を点検することをおすすめします。

 効果

 費用

 取替え用のごみパックがない場合は、用意する必要があります。

 関連の取り組み

 掃除時間を短縮するための取り組みとして、E99 掃除機をかける前に、まず部屋を片づけるといったものもあります。

 導入のしかた

 吸い込み力が弱くなってから確認するのでもいいですが、月に1回など定期的に点検を行う方法もあります。

 おすすめの家庭

 掃除機の点検は案外見落としがちです。効果はありますのでぜひ取り組んでみてください。

 サイクロン式の掃除機のばあいには、たくさんごみが貯まっても吸引力が落ちないと宣伝される場合があります。サイクロン部分はそのとおりなのですが、最後にフィルターがつけられており、ここが詰まっていないか確認をしてください。ちなみに、サイクロン式は消費電力が多く、あまり効率がよくありません。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-21 (火) 12:00:51 (1586d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所