Ecolife情報 > 家庭の対策

エアコンのフィルターをこまめに掃除するようにしましょう

エアコンフィルター開けた状態
エアコンフィルター

 エアコンのフィルターがつまっていると、送風が効果的にできずに、性能が落ちてしまいます。

 エアコンの室内機では、冷房時には空気を冷たくするために、暖房時には空気を暖めるために、室内機内のフィン(金属板がたくさん層になっているもの)にあてて、熱交換をしています。空気がたくさんフィンを通過するほど、効率的に熱交換ができます。

 特に「強」で運転させたときに、フィルターがつまっていると空気が流れにくくなり、効率の低下が大きくなります。

 ちなみに、エアコンは強風運転させるほうが、弱風運転させるより効率はよくなります。弱風運転は、フィルターがつまって風速が遅いのと同じ状態といえます。暖房時には床までしっかり暖気を送るためにも、強風運転が有効です。

 効果

 フィルターを掃除せずに1年程度使っている状態だと、冷房時に5%程度、暖房時には12%程度も消費電力が増えてしまいます。

 フィルターを掃除することで、この分が削減できます。

 費用

 ふだんの手入れだけでしたら、費用はかかりません。

 もし長期間掃除をしなかった場合や、ダイニングなどで油汚れがついている場合には、別途エアコンの清掃を行う必要があります。エアコン内のフィンを掃除するためのスプレーも売られていますが、できれば電気店など専門の業者にたのむほうが、トラブルが少ないです。

 関連の取り組み

 暖房でもエアコンを使うと省エネになります。E12 (冬)気温が氷点下にならない時期はストーブ・ファンヒータではなくエアコンで暖房をするを参考に、暖房でも活用してみてください。特に最近のエアコンは暖房機能が充実しており、暖房でもエアコンを使うようにすると、多くの場合に十分元がとれるようになります。

 また、自動的にフィルターを掃除するエアコンも販売されています。

 導入のしかた

 エアコンのフィルターは室内機のカバーをあけることで、簡単に取り外して掃除をすることができます。掃除機で吸ったり、フィルターを外してほこりをはたいたりすることで対応できます。

 もし油汚れなどで完全につまっている場合、中のフィンまで汚れている場合には、電気店などに掃除を頼むようにしてください。

 おすすめの家庭

 よくエアコンを使う家庭におすすめです。

 特に、ダイニングなど油汚れがつきやすい場所では、こまめに掃除することが大切です。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-21 (火) 12:00:53 (1590d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所