エコライフに関する情報

日本全体と家庭のCO2排出量推移と削減目標

 「こうしたらエコライフができる」といった情報は、世の中にたくさん出回っています。特に家庭の省エネ(温暖化対策)を中心に、根拠を示しながら、楽しい取り組みの工夫と、基礎的な情報を整理していきます。

 化石燃料を使わない世界に向けて世界が動いています。日本も2050年(33年後)には温室効果ガスを8割減らすことが決議されています。将来の子どもたちに豊かな世界を残すために、いままでとは違った新しい社会へ転換が始まっています。

図:日本全体と家庭のCO2排出量推移と削減目標(1990年=100,最新2015年度)
国立環境研究所温室効果ガスインベントリオフィスのデータ等をもとに作成

エコライフの誤解

 エコライフというと、地球環境のために「がまんを強いられる」、「不自由になる」、「高いものを買わされる」などのイメージがないでしょうか。

 どれも誤解です。

 自分の生活を見直してみると、無駄にエネルギーを使っていることが見つかるものです。意味なく料金を支払うのは、もったいない話です。

 技術や制度も大きく変わっています。省エネ型の機器も出回ってきていますし、エネルギーを自分たちで作りだすこともできるようになっています。買い替えの時期を迎えた時、家の立て替えをする時、ぜひ環境性能を考慮して選んでください。環境負荷を減らしながら、お得で快適な生活ができる可能性があります。

 CO2排出をゼロにする技術は、十分に用意されています。家庭として、社会全体として、賢く選ぶことが大切です。「いいもの」を選ぶことで、生活や社会の幅も広がります。

家庭の対策

効果的な省エネ対策

 特に効果の大きい対策を紹介します。

 参考:家電機器の消費電力一覧

分野別の省エネ対策

季節に合った省エネ対策

健康につながる省エネ

挑戦的な省エネ

 通常言われている省エネでは飽き足らない方限定の情報です。一般の方は、決して見ないで下さい。

 また、ここに記載している内容は、広くお勧めをするものではありません。この情報をもとに他の方へ省エネを強いることはおやめ下さい。

省エネクイズよくある質問

 クイズ形式でまとめています。また講演などでよく質問されることをよくある質問にまとめています。

環境家計簿・生活チェック

 自分の家庭で取り組みをしてみたい方はぜひどうぞ。自分の生活を調べることで、効果的な対策も見えてきます。

 当初からの開発の経緯は「家庭の省エネ診断」で紹介しています。うちエコ診断もあります。

省エネおもしろグッズ

 効果がありそうなものを紹介します。

  • 空調服:部屋ではなく服の中を涼しくします。
  • 非電化工房:電気を使わない冷蔵庫、ひげそりなどを開発。途上国で導入が進められています。

省エネ要注意品

 省エネをうたっていますが、効果がでない可能性があるもの。特定の家庭に限られるものを紹介します。通信販売でよく見かけるが製造元が記載されていないもの、訪問販売しているものに時々みかけられます。

  • 電源電圧調整器具:ブレーカーのところに取り付けると電気代が安くなる?
  • 電気式生ごみ処理機:電気を使うタイプの普及で、10万世帯分の電気を増やしてしまいました。自治体の補助金も問題でした。コンポストは、手回しなど電気を使わないタイプでいいものがたくさんあります。
  • オール電化:値段が安くなっても省エネにならない(環境に悪くなる)場合があります。
  • 床暖房:快適なのは確かですが、特に蓄熱式の床暖房はエネルギー消費が極端に多くなる場合があります。断熱がしっかりしている家に限って使ってください。
  • 加湿器?:「暖房するときに暖かく感じるから省エネになる」といった表現がされる場合もありますが、その点では効果はほとんどありません。一定の湿度は必要ですが、冬に使いすぎると結露の原因になります。
  • オイルヒータ?:電気を大量に消費しないと部屋がそもそも暖まりません。

家庭の省エネで面白い制度

家庭の二酸化炭素排出量

家族人数別の標準値
標準的な家庭からどれだけ二酸化炭素が出ているのかの計算方法です。この数値より少なければ、「エコな生活」と自信を持って言えるでしょう。
常時電気を消費する機器
意外と知られていない、電気を常時使用している機器です。
月別・都道府県別の日本標準に対する比率です。上記の家族人数別の標準値にかけあわせてもらうと、地域別・月別の標準値が算出できます。
家庭による違い
同じ家族人数の家庭でも、エネルギー消費量には大きな差がでてきます。標準の3割未満のエネルギー消費量で生活している人もおります。みながこの生活ができれば、CO2の70%削減ですから地球温暖化問題は解決することになります。
消費量増減速報
検針票の前年同月と比較することで、自分の増減がわかりますが、気温補正も含める場合にはこちらを参考に

 コメント

  • おもしろいぐつつをつくているのはすごいとおもいました -- あべはるか? 2006-08-28 (月) 13:34:53
  • まだ1つしかなくてすみません。面白いのあったら、教えてください。 -- ひのでや 2006-08-29 (火) 17:04:52
  • 環境省からは既に2006年度のGHGの確定値が報告されています。 家庭の二酸化炭素排出量等最新のデータをお願いします。 -- はやしやすひさ? 2008-06-09 (月) 10:54:17
  • 情報ありがとうございます。環境省とは別の方法でずっと推計をしてきたのですが、そろそろすりあわせたほうがよさそうですね。 -- ひのでや 2008-06-09 (月) 14:45:20
  • こ -- ? 2011-12-10 (土) 11:38:55


  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-15 (火) 13:57:08 (7d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所