Ecolife情報 > 家庭の対策

晴れた日中に窓をあけて風を通しましょう

 室内を密閉していると、空気がよどんでしまいます。部屋に風が通ると気持ちがいいものです。意外と室内の空気は汚れているものです。

 ただし、部屋の空気と外の空気を比べて、いつも外の空気のほうが快適であるわけではありません。人間は気温が20℃から28℃程度、湿度は30から70%程度が快適ですが、この範囲内に外気が収まるのは年間を通じて5分の1くらいに限られます。

 快適な時をねらって、風を通すようにしましょう。春や秋の時期は、外気が快適な時間帯が長くあります。

 特に梅雨時などしめっているときには、晴れた日中(梅雨の晴れ間)は、天然の恵みです。しっかりと空気を通して、空気だけでなく、吸湿した壁や押入れなども乾燥させてください。

 効果

 梅雨の時期に除湿すると、200〜500W程度の電気が必要です。これを減らすことにつながります。

 もっとも快適な空気環境は、エネルギー消費削減で評価しにくい場合も多くあります。エネルギーを使わずに、気持ちが良くなるというのは、とても大切なことです。

 費用

 窓を開けるだけです。特に費用はかかりません。

 関連の取り組み

 夏場に窓を開けると、熱風が吹き込んでくることになり、気持ちがいいとしてもなるべく開けないほうが省エネになります。気温が高くなるだけでなく、室内の壁や本棚など、すべてのものが暖まってしまうので、あとで冷房をかけたときに余計なエネルギーがかかってしまいます。

 屋根裏部屋など、特に暑い場所がわかっている場合には、室外のほうが温度が低いので、風を通したほうが望ましいです。

 一般的に夏場であれば、夜の間に冷えた空気を通すほうが適しています。夕方以降になると涼しくなってきますので、エアコンに頼らずに、窓を開けて夕涼みをするほうが快適になる場合もあります。

 導入のしかた

 外気のほうが気持ちよさそうだと思ったら、開けてください。 

 おすすめの家庭

 昼間に家にいる家庭におすすめです。外の天候を考えることができれば、より快適な空間を作ることができます。

 家にいない家庭では、帰ってくる時間まで開けっ放しになるので、その時間帯の空気のことも考えて、開けるかどうか決めてください。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-29 (火) 11:08:05 (200d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所