メニューをスキップして記事へ


ここから記事

長浜ライオンズクラブ様「自然エネルギー発電大会」

  • 2013年5月 9日(木) 18:02 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    1,599
自転車発電

 長浜ライオンズクラブ様に自転車発電装置と発電量表示システムをご利用いただきました。

 2013年4月21日に開催された長浜ライオンズクラブ様主催「自然エネルギー発電大会」は、自転車発電の他、小水力発電や小型風力発電、ソーラーカーなどの実物を設置し、子ども達に自然エネルギーを体感してもらえるような展示が満載のイベントでした。

■会場となった曳山博物館 伝承スタジオ・広場


 弊社では、自転車発電を使ったステージ企画等を担当させていただきました。今回は新たに開発した発電量表示システムを使い、自転車発電2台×2チームによる対戦形式で発電量を競争するイベントを行いました。

 「まだ発電できますか?」と声掛けをしながら、つないだ電球のスイッチを少しずつ増やしていき、45秒間で最大110Wによる発電での積算発電量を競ってもらいました。50インチクラスの大画面に発電量を表示させ、とっても盛り上がりました。
 普通は、110Wなんて1台では重たくて大変なのですが、今回は連結器を使って、親子や友達でペアになって協力して発電してもらいました。

■発電量競争イベントの様子


■発電量表示画面


 なお、今回使用した「発電量表示システム」は、近くレンタルを予定しております。発電量表示システムの詳細は、自転車発電装置のページをご覧ください。

 他にも、通常の自転車発電装置を使って、明かり、CDラジカセ、扇風機を動かす体験コーナーを設け、来場された方に楽しんでいただきました。

 水車式の小水力発電では、手作りされたミニ水路に実際に水を流して発電を行うなど、実に力の入ったイベントだったように思います。
 とても楽しませていただきました。ありがとうございました。

■水車式小水力発電


「自然エネルギー発電大会」 長浜ライオンズクラブ | クラブ活動ブログ | ライオンズクラブ国際協会 335-C地区



使用機材:
【発電量競争イベント】
・自転車発電装置(通常タイプ)×4台
・固定スタンド×4台
・連結器×2台
・発電量表示システム×2台
・専用ノートPC×1台

【発電体験コーナー】
・自転車発電装置(通常タイプ)×6台
・展示用ポスター

ご準備いただく物:
・両足スタンド付自転車(24?26インチ)×計10台
・電化製品×6台
・発電量表示用モニター×1台

その他のご利用例については、自転車発電の記事一覧をご覧ください。

イベントの景品は某おかしだったのですが、「おかし1個をつくるのに必要な発電時間は?」
というクイズを途中に出しました。その答えは・・自転車発電装置の箱の中に・・。

そんな自転車発電装置については、下記ページをご参照ください。
自転車発電装置の貸し出し・製作代行

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.hinodeya-ecolife.com/trackback.php/20130509180210390
  • 長浜ライオンズクラブ様「自然エネルギー発電大会」
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。