メニューをスキップして記事へ


ここから記事

家電買い替え診断

 エアコンや冷蔵庫、テレビなど、過去の製品に比べて省エネ性能が向上しています。このため、新しい製品への買い替えによって、光熱費が削減できる可能性があります。販売されている製品の中でも、省エネ性能の違いがあり、どの製品を選べばいいのかも検討することが大切です。

 このソフトでは、カタログ値ではなく、あなたの家電製品の使い方を考慮した削減効果を計算して紹介します。

 省エネ型製品はやや値段が高いことがありますが、電気代が安くなるために、使用している期間で元がとれる場合もあります。

 

 家電省エネ★くらべ(PC・スマホ)

 大阪府、大阪市、NGO団体などで構成される、大阪省エネラベルキャンペーンで作成した省エネ家電比較のサイトです。動きのある画面で、楽しく省エネ製品が選べるようになっています。省エネラベルの★(星)の数ごとに、電気代が明確に違ってくるのがわかって、面白いです。

 ちなみに、家電店の店頭に置いて活用しやすいように設計しており、自動スライドショーや、音声読み上げ、翻訳機能(Google翻訳)の機能もあります。

 下記の携帯版と合わせて、当面最新機種データの更新を続けていきます。

  http://label.eek.jp

 解説ページ http://label.eek.jp/?m=about

 

 

 WEB診断ツール(スマホ・携帯電話)

WEB家電診断  もともと携帯電話向けに開発したものですが、スマホやPCでも診断ができます。全国の気候条件を考慮し、家庭での冷暖房使用時間などを考慮して、電気代とその削減効果を評価します。

 最新の販売機種をデータとして持っているほか、1993年から2004年までのエアコンの現行機種が選べるようになっており、削減効果の計算が可能です(現行機種がわからなくても診断できます)。

  最新データとしてメンテナスを継続しています。

 http://ksk.tank.jp/

 

 

 

EXCEL版家電省エネ診断

 エアコン、冷蔵庫、テレビ等を省エネ型に買い換えた時の光熱費削減効果をレポートとして印刷ができます。もともと、家電店向けに開発したツールです。2016年現在、大阪府豊中市等で、家電店向けのツールとして活用されています。

 全国地域の設定ができる点、家庭での冷暖房等の利用状況に応じて効果が計算される点は、WEB版と同様です。

 EXCELが動作するパソコンで利用可能です。

 ダウンロード(無料):http://www.hinodeya-ecolife.com/download/index.html#kaden

 

 

 

最終更新日:: 2017年3月29日(水) 11:27 JST|閲覧数: 1,811