メニューをスキップして記事へ


ここから記事

古石交流館みどりの里 リヤカー式太陽光発電所

  • 2014年7月 3日(木) 18:48 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    2,541
おしらせ

熊本県芦北郡芦北町には、熊本県内最大の芦北メガソーラーがあります(2014年7月現在)。

今回、この芦北メガソーラーの学習基地としての役割も担う「古石交流館 みどりの里」にて、
「リヤカー式太陽光発電所」の製作をお手伝いさせていただきました。


■完成したリヤカー式太陽光発電所(250W)。


■40Wの扇風機も外で使えます。


リヤカーになっているので、日の光が強い場所に運んだり、傾けたりと、
自由に移動もできる体験学習用の太陽光発電システムです。

メガソーラー用の250Wの太陽光パネルを活用し、バッテリーに充電ができるシステムです。
地域のお祭りに活用したり、キャンプにこられた方に、昼間エネルギーを集めてもらって、
夜に活用してもらうなど、さまざまな用途に活かすことができます。
また、いざとなれば災害時に、携帯電話などを充電したり、テレビを観ることも可能です。

ここでは、2日間の製作の様子を写真付きで簡単にご紹介します。

 

▼リヤカー発電所製作(1日目)

■自転車発電装置の設置以来、2回目となるみどりの里。


■現地に到着するとリヤカーの化粧直しが終わっていました。驚きのカラーリング!


■手すりをうまく使い、実にしっかりとした開閉機構。


■機材の配置を検討する館長船津さんとスタッフ岩崎さん(後ろには薪ストーブ)。


■配置が決まれば早速板のカッティング開始。


■ヤスリ掛けもあっという間。


■板やL字金具の塗装もすばやく丁寧に。仕事が早い。


■太陽光WSと同様に接続用のケーブルを準備。久しぶりのはんだ付け?


■電流計と電圧計を取り付けるためのBoxを製作。


■夕方になり初日の作業終了。2日目は晴れるかな・・。


■五右衛門風呂を沸かしてもらいました。いやー最高。



▼リヤカー発電所製作(2日目)

■電流・電圧表示Boxの塗装も完了。いいカンジですね。


■リヤカー内に装置を固定していきます。


■固定完了。「あなたの・・」何だろう・・。


■電流・電圧表示Boxは、確認しやすいようリヤカーの側面に装着。


■ついに完成!タイミングよく晴れてきたのでさっそく運動場に移動。


■さすが250Wの太陽光パネル。すぐに充電がはじまりました。


■外でかき氷もつくれる!


■うーん。緑とのコントラストがすてきですね。


■2日間お疲れ様でしたー!


みどりの里の館長船津さんは、元・Panasonicの工業デザイナーとのこと。
今回のリヤカーのカラーリングもさすがですね・・。

熊本日日新聞の取材も受けました。
便利!どこでも「リヤカー発電」太陽光パネル搭載 芦北町?熊本のニュース│ くまにちコム

ラジオ関西でも紹介されたようです!(2014年7月24日追記)
古石のリヤカー発電が、ラジオに登場です(*^^*) - 芦北町観光協会facebook


●太陽光発電vs自転車発電
みどりの里では、弊社が製作に携わった太陽光発電と自転車発電装置による
「発電量競争システム」を活用いただいております。

芦北町観光協会さんのfacebookでも、ご紹介いただきました。
古石みどりの交流館で、ソーラー体験ができます(*^^*) - 芦北町観光協会facebook

こちらも体験者が増えるといいなぁと思っております。

■250Wの太陽光パネルと競争してみよう!勝てるかな?


他にも、そば打ちや、石釜ピザ焼き、ユニークな竹マイ箸作りなど、
楽しい体験メニュー盛りだくさんの施設です。 熊本に行く機会があれば、
ぜひ一度、みどりの里に足を運んでみてください。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.hinodeya-ecolife.com/trackback.php/20140702113251308
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。