メニューをスキップして記事へ


ここから記事

エコチェック情報API公開

おしらせ

  毎日のエコチェックなどに使うことできる、生活のエコチェック項目をランダムで表示するAPIを公開しました。取り組めているかどうかのチェックや、これを用いたアプリの作成などにご利用いただけます。

 エコチェックの項目は「エコライフ大王」として開発をしているもので、現在約2500種類のエコチェックが提案されます。レベル分けがされており、なるべくレベル1からチェックをするようにお願いします。最大レベル7まで設定ができますが、よほどの理由がない限り1~4程度に抑えておいたほうが望ましいです。

 API自体は開発者用です。一般の方は、 https://e-kaden.sakura.ne.jp/s10l8/check.html などで提供されているチェックソフトをご利用ください。

 

 API仕様

アドレス

 https://e-kaden.sakura.ne.jp/s10l8/api/

パラメータ(GET渡し)

lv=1 ~ lv=4    :エコチェックの難しさのレベルです。通常1からはじめてください。一応7まで設定はできますが、おすすめしません。自己責任でお願いします。

tf=1      :一定期間ごとに提案する対策を固定します。単位は時間です。例えば日替わりの対策など提案するときに使うことができます。ただし、切り替えのタイミングについては保証しません。

 

データ(json形式)

 

  • eid: 対象物に関する100-999までの3桁数値コード
  • pid: 状態表現に関する100-999までの3桁数値コード
  • aid: 行為に関する100-999までの3桁数値コード
  • equip: 対象物の名前
  • property: 状態表現
  • action: 行為の内容
  • parent 対象物の一段うえ大分類名
  • level: この対策に関する内部設定困難度です。
  • comment: コメントの連想配列
  • ecom:対象物に対する説明
  • pcom:状態表現に関する説明
  • acom:行為に関する説明

 

例:

https://e-kaden.sakura.ne.jp/s10l8/api/?lv=1

{eid: 239, pid: 231, aid: 104, equip: "傘", property: "壊れやすい", action: "買わない", parent: "長く使える日用品",comment:{ ecom:'(なまもの) 鮮度がもとめられる食品は、毎日スーパーに入荷しますが、日付が古いものは避けられがちです。賞味期限が近づくと廃棄されることがありますので、ごみを減らすためには、日付の古いものから購入することが大切です。値引きをしてくれている場合もあります。', 'pcom' => '(家で不要な) 買ってしまったあと、家にもあったとなると、無駄になってしまいます。家に在庫があるのか確認し、必要なものだけを買うことが大切です。', acom:'(買わない) 環境や健康のことを考えて買い物をすると、自分や環境にとってメリットとなる以上に、お店や商品の製造者に対するメッセージになります。環境面や社会面で問題がある商品を買わないようにすることもまた、お店や製造者に対す重要なメッセージとなり、売上を通じてお店や製造者が気がつくと、生産販売を止めていくことにつながります。問題のある商品がないか、目を配っていくことも大切です。'}}

 

 

 

表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。