メニューをスキップして記事へ


ここから記事

『エコしょうわ2017』昭和町役場様

  • 2017年5月16日(火) 10:20 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    46

山梨県の昭和町の環境啓発イベント『エコしょうわ2017』(2017年4月29日開催)
にてご利用いただきました。今年で5年目のご利用となります。
ご感想をいただきましたのでご紹介いたします。


今年も、イベント自体、多くの方にお越し頂くことができました。自転車発電も好評でした。
当日は、地元放送局で自転車発電も取り上げてくださり、体験した女性(お母さん)が、
『大変でした。電気の無駄使いは出来ませんね』と、本当にありがたいコメントもしていただけました。

手回し発電装置の登場は、自転車に乗れない小さい子が多いので本当に助かりました。
 『これでお母さんを冷やしてあげてね』と扇風機を回すことが出来れば、かき氷機をコンセントに
つなぎかき氷を作ってあげました。

テレビでのイベントのPRで、自転車発電装置は注目を浴び、キャスターさんが乗って遊んでくれる等、注目度抜群でした。

続きを読む (24 ワード)

20周年記念新型自転車発電


 おかげさまで、地球温暖化防止京都会議の時期に、はじめて自転車発電のお披露目を行ってから、今年で20周年になります。当初、テレビ・ラジカセ・照明などの家電製品を動かせる装置として開発して以来、たくさんの方に発電を体験していただきました。当初は物珍しいもので、イベントで発電してもらうために、「お姉さん、やせるよ!」と言って振り向いてもらったり、「おじちゃん、ここで発電していかなかったら、後で一生後悔するよ!」など、無茶な呼びかけで、大変ご迷惑をおかけしました。

 現在では年間数十件の貸し出しや製作代行などを行っており、楽しく電気を体験できる装置として、各地のイベントでもご利用いただいています。また製作方法も公開してきたことから、自作されている方も多くあると聞いております。この20年間でだいぶ広く活用されるようになってきました。

 今後とも、電気・エネルギーを考えるきっかけとして、思いっきり楽しみ、そして思いっきり大変さに苦しんでいただければ幸いです。

さて、自動車のオルタネータを使った基本構造は20年間変わっていません。安定していることは間違いないのですが、動作する部品を調達するのが徐々に難しくなってきました。このため、新しい部品で装置ができないか、改良を続けてきたところです。

模索を続けた中で、ようやく2種類、だれでも自作可能な発電装置ができあがってきましたので、紹介させていただきます。まだ改良の余地があり、落ち着いたら順次作り方も掲載していきますし、貸し出しやキットなども対応していきたいと思います。(鈴木)

続きを読む (12 ワード)

「アースアワー2017」 ヒルトン東京ベイ様

  • 2017年4月24日(月) 15:30 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    105

2017年3月25日の「アースアワー」にてヒルトン東京ベイ様にご利用いただきました。

今年の「アースアワー※」は日本国内では2017年3月25日(土)20時半から21時半までの1時間にあたり、
昨年に引き続き、今年も様々なイベントを企画され、不要な明かりを消し、地球環境を意識しながら過ごされました。
レストランでは「キャンドルナイトディナー」イベントを行われ、アースアワーのスペシャルメニューやスペシャルカクテルを
ご提供されました。子ども向けにはロビーで「発電してみよう!」というイベントが行われました。
手回し発電装置で豆電球をつけたりなどの発電体験です。大変ご好評だったとのこと、どうもありがとうございます!
また、「アースアワーとは?」というイメージビデオを上映され、電気の大切さを学ばれました。
「手作り缶バッジ制作コーナー」も用意され、子どもたちに絵を描いてもらい、缶バッジを制作されたそうです。
そして昨年同様、今年も自転車発電のイベントを行われました。
今年は挑戦者が1分間でどれだけの発電ができたかを測るシステム(チャリ発メーター)を用いて、
チームメンバー、ゲスト、どなたでも参加可能な「自転車発電レース」を行われたそうです。

盛りだくさんのイベントで知的好奇心と競争心(!?)をくすぐる、楽しい素敵な時間を過ごされたご様子がうかがえて嬉しいです♪
ご利用どうもありがとうございました!

※「アースアワー」とは、世界中の人びとが同じ日、同じ時刻に明かりを消すことで 地球温暖化防止への想いを示す
国際的なイベントです。

続きを読む (17 ワード)

手回し発電Cube(仮称)

  • 2017年1月30日(月) 11:21 JST
  • 投稿者:
    h-yamami
  • 閲覧数
    425

木製ケースの「手回し発電Cube(仮称)」が完成しました!

これまで自転車発電が難しかった方にも、発電を体験してもらえるようになりました。
スマートフォン等の急速充電は、大人でも手応えのあるハンドルの重たさになります。

貸し出しや製作代行に対応予定ですので、
ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。


■手回し発電Cubeによる発電の様子(動画)

続きを読む (23 ワード)

結婚披露宴余興~新郎の愛は風船何個分?~

  • 2016年12月16日(金) 13:30 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    357

毎年自転車発電装置をお借りいただいている I 様に、ご自身の結婚披露宴の余興にてご利用いただきました。
ご感想をいただきましたのでご紹介いたします。
 


結婚式の披露宴で利用させていただきました。
自転車発電装置は毎年、仕事で利用させていただいていますが、『環境とロードバイクを愛する者』として、
自分も漕がなくては!と、レンタルをしました。
余興の内容は、愛車のロードバイクで発電機を3分間動かし、コンプレッサを作動させ風船を作り、
参加者にその数を当ててもらうというものです。当たった方から抽選で3名様に記念品をお渡ししました。
風船の形がハートの形をしており、新郎の新婦への愛の大きさを示そうというコンセプトです。
お手伝いをしてくれた職場の後輩君達は、『恋のキューピッド』ということで、天使の姿になってもらいました。
因みに、コンプレッサと同時にレンタルした電飾は、披露宴前のウエルカムスペースに、展示しておいた
自転車にセッティング。多くの人の目に留まり、クイズの参加率を上げてくれました。
盛り上がるかな?と少し心配でしたが、新郎が本気のサイクルジャージ姿で登場したことや、
新婦が汗を拭いたり応援してくれたこと、天使こと後輩君達が盛り上げてくれたことで、勢いづき、
漕いでいる最中は皆が集まってくれたり、漕いでる最中にBGMとして流したオレスカバンドの『自転車』という
曲のサビで『自転車♪自転車♪自転車♪』の合唱が起きたり、想像以上の盛り上がりでした。
漕ぎ終わり、当選者に景品も渡したところで、会場を暗くしてもらい、新郎が新婦への手紙を朗読。
そして、作った風船と手紙を新婦に渡しました。
その時の写真は、新郎と新婦の間に発電機を付けた愛車が写っていて、まるで、愛車が仲人さんのような
写真になっています。
こうして、無事に余興が終了しました。

続きを読む (19 ワード)

文化祭 樹徳中学校様

  • 2016年11月18日(金) 12:10 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    237

2016年11月5,6日の文化祭にて樹徳中学校様にご利用いただきました。

文化祭では自転車発電が大盛況の中、無事終了することができました、とのことです。お疲れ様でした♪

続きを読む (12 ワード)

環境イベントにて 川越市役所様

  • 2016年11月15日(火) 16:00 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    216

2016年11月5日の環境イベントにて川越市役所様にご利用いただきました。

「ウサオくんちの電気をつくろう!」という企画で、紙芝居の「ウサオ君」がおうちで使う電気を自転車発電装置で
発電するという内容でした。当日は150人ほどの方々が体験されたという大盛況ぶり!

ご感想をいただきましたのでご紹介いたします。


老若男女、様々な方に体験していただくことができ、有意義なイベントになりました!
周りのブースの音がにぎやかで、音楽が聞こえずらかったため、こどもたちはラジカセに耳を近づけ、
何の音楽が鳴っているかわかるまでお父さんが必死で漕ぐ、ちょっとしたイントロクイズのようでした。
今回はアナと雪の女王の曲を使用しましたが、CDを使ったため、少しでも止まってしまえばCDの読み込みから
やり直しになってしまうという、なかなか大変なチャレンジでした(笑)
チャレンジ終了後にはトロマットポスターを見ながら
「洗濯するには今の調子で~時間、お風呂に入るためには3日も漕がないといけないんですよ!」
と説明しました。するとほとんどの家族が、お子さんに
「ほら、だからゲームばっかりしてちゃいけないんだよ!節電しないとなんだから!」
とお話ししてました(^^)
またスタッフから「電気作るの大変でしょ?これからは大事に使ってね♪」 と声をかけると
「発電所は何台自転車あるんだろう!?大変だね!」
と可愛い感想をくれたお子さんもいました。

続きを読む (16 ワード)

フェスティバル FUKUSHIMA!?福島クダラナ庄助祭り 大風呂敷祭り

  • 2016年8月30日(火) 14:10 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    439

2016年8月15日の「フェスティバル FUKUSHIMA!?福島クダラナ庄助祭り 大風呂敷祭り」にてご利用いただきました。
ご感想をいただきましたのでご紹介いたします。


8月15日(月)に「フェスティバル FUKUSHIMA!?福島クダラナ庄助祭り 大風呂敷祭り」が開催され、
原発事故後の福島の再生可能エネルギーによる自立と再生を促し、発電事業を進める飯舘電力株式会社様と
株式会社元気アップつちゆ様、モデレーターにみんな電力様をお迎えした「クダラナ電力トーク」を企画しました。
自転車発電装置を使った発電は、電気の大切さと発電の大変さを象徴的に表現したもので、自転車を漕ぐ際の
太腿への負担が如実にそれを示してくれました。ありがとうございました。

続きを読む (17 ワード)

自転車発電体験@優良エコ事業所 中部リサイクル株式会社様

  • 2016年8月18日(木) 16:02 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    366

中部リサイクル株式会社様にご利用いただきました。

2016年8月3日に名古屋市環境局により計画された優良エコ事業所の第一回夏休み会社訪問にて
自転車発電を体験いただきました。

他の体験コーナーも行なわれていたそうですが、自転車発電には子どもたちがすぐに駆けつけ、
説明するひまも無く自転車を漕ぎ出したそうです。

子ども用の自転車発電コーナーでは、USB接続のファンやLEDライトが点灯するため、
低学年の子どもでも長く自転車を漕ぎ続け、なかなか交代しなかったそうです。

大人用の自転車発電では、小学生は40W程度を点灯させるのが精一杯でしたが、
お父さん参加者は100W点灯させて、父親として威厳を保たれていたそうです。

行事は大盛況に終わられたとのこと。みなさま、お疲れ様でした?♪

続きを読む (16 ワード)

「調布市環境フェア2016」 調布未来のエネルギー協議会様

  • 2016年7月 8日(金) 11:45 JST
  • 投稿者:
    chichiishi
  • 閲覧数
    359

一般社団法人 調布未来のエネルギー協議会様にご利用いただきました。

2016年6月4日の「第44回調布市環境フェア」と小学校の出前授業にてたくさんの方々に
自転車発電を体験いただきました。
梅雨の時期のイベントということで、お天気に左右されない自転車発電を実施されました。
もしかしたら大きい扇風機だと回らないかも、ということで、小さいのも揃えてスタンバイ。
さて、いかがだったでしょうか…。

続きを読む (22 ワード)