メニューをスキップして記事へ


ここから記事

若者との暮らし シリコンスプーンを使うの段

  • 2018年6月19日(火) 15:19 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    72
コラム-大関

 

若者2人と暮らす生活で、彼らが順応・適応・変化していったことについて書いておこうと思いまして、

1,炊飯器をやめるの段

2,風呂の残り湯を洗濯に使うの段

3,雨水タンクをトイレに使うの段

4,ミツロウラップを使うの段 ときました。 

ここにきて、なんだかコソコソと変化を探るお姑さん気分になってきました。大丈夫だろうか。

 

ネタはまだあと15個くらいはあります・・。

こんなところに赤裸々に書いていることがバレるのは時間の問題でしょうか。

続きを読む

若者との暮らし ミツロウラップを使うの段

  • 2018年6月15日(金) 16:25 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    63
コラム-大関

我が家では、食品保存のためのラップを使いません。

一応持ってはいるのですが、ほとんど出番がありません。

 

2015年の春に、オーストラリアに行ったときに、向こうのエコショップで売られているミツロウラップを初めて見ました。

あまりのかわいさと、アイデアの素晴らしさにときめき、即買いました。

3サイズで5000円と、お土産で持ち帰るには高かったので、自分用の1セットのみでしたが、

材料が、オーガニックコットン、ミツロウ、ホホバオイル、樹液と書いてあり、

製作者のサイトを見て、考え方にも共感し、とても誇らしく使う日々が始まりました。

 

自分たちでも作れないかとトライしたりもしましたが、配合がうまくいかず、成功と言えるものはできませんでした。

しかし、あれから2年半経った頃、欧米からの輸入商品が入ってきたり、日本人の開催するワークショップや日本の製品が出てきました。

それに参加して以来、今ではすっかり自分たちで作って、顔の見えるバザールで販売までしています。

 

若者たちは、初めこそ様子見といった感じで積極的には使っていなかったのですが、次第に使うようになり、

今では、帰ってミツロウラップで包まれたたくさんのおかずを見ると、ついまた幸福感に浸ってしまいます。

 

ミツロウラップは、電子レンジなどの熱には弱いので、若者たちはレンジを使うときはラップを使わざるを得ません。

電子レンジ用の豚の鼻の蓋をひとつ買っておこうかな、と今、考えています。

「使い捨て」に対する抵抗心を育みたい気持ちです。←ちょっと洗脳入っていますかね。

続きを読む

若者との暮らし 雨水をトイレに使うの段

  • 2018年6月14日(木) 16:19 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    64
コラム-大関

若者2人と暮らす生活で、彼らが順応・適応・変化していったことについて書いておこうと思いまして、

前回は、風呂の残り湯を洗濯に使うようにしてくれていること、初回は、米の炊飯を電気炊飯ジャーから圧力鍋や鍋に代えたことを書きました。

 

今回は、雨水のトイレへの利用です。

彼らが使うトイレは、雨水を利用できるようにしています。

浄水を使うこともできますが、雨水の選択肢もあります。

用を足す前に、雨水を貯めるレバーを開く必要があり、多少の面倒が伴いますが、雨水のなくなる速度を考えると、相当使ってくれているようです。


我が家は、古い家でトイレも古いので、1回に12〜13リットルの水が流れています。

最近のエコトイレは、6リットルくらいで流すものが多いですが、私が昔いたデンマークでは、便器で大小を分ける仕組みになっているものが出回っていて、エコな友達の家に行くと、小は2デシリットル、200ccで。大だと6リットルでした。

(と考えると、日本も追いついてきたんだな、6リットルオーダーに。)

一方、雨水の方は、私が住む京都市では、他のどの補助金・助成金よりも補助率が高いです。4分の3!

それほど税金を投入するのは、やはり、近頃の豪雨による被害が大きいものだからと考えられます。

つまり、どんなに小さなダムだとしても、数が集まればそれなりに効果がある!?

各家庭で土砂降りの降り始めをキャッチしてくれたら、側溝が噴水みたいになることも多少は防げる!?

 

また、補助率が高いだけでなく、とてもフレキシブルです。

以前は、市販品を購入した場合でないとNGだったので、私は手が出ませんでした。昔は雨水タンクは高級だったのです。

でも、DIYしてもいいんです。80リットル以上を貯められるものを活用するのであればOK。日本の役所とは思えない柔軟さです。

そこでうちでは初めに、海外の化粧水を輸入するときに使われている200リットルのプラ製容器を使ってDIYしました。

元の中身がわかっているので、水で洗い流せば雨水を貯める分には問題ないだろうということ、遮光性が高いことなどを理由に、中古でそれを手に入れ、パーツを買って悪戦苦闘しながら(←みんなが。私は助成金を申請する係)、設置しました。

その後、雨水を活用すると、大変幸福感に満ちることがわかり、次々に雨水タンクを買い、合計10個 2トン以上の雨水を貯めています。さながら雨水タンク博覧会状態です。

雨が降るのが楽しみ。雨の予報の前にタンクを空にすべく、せっせこ家までトイレを我慢する。雨が降り始めると、すぐにタンクがいっぱいになるので、雨の間は遠慮なしにじゃんじゃん使う。雨水を使う人生が始まるまでは、あまりなかった価値観をもつようになりました。

 

明日は、ミツロウラップについて書こうと思います。

若者との暮らし 風呂の残り湯を洗濯に使うの段

  • 2018年6月13日(水) 17:57 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    109
コラム-大関

若者2人と暮らす生活で、彼らが順応・適応・変化していったことについて書いておこうと思いまして、

前回は、米の炊飯を電気炊飯ジャーから圧力鍋や鍋に代えたことを書きました。

 

今回は、風呂の残り湯利用です。

これは、私の誘導的な物言いが原因かもしれません。

「うちでは、洗濯をしたくなったら風呂に湯を張るようにしている。普段はシャワーで済ますが、洗濯物がたまったらお風呂を沸かす。」なんて言っちゃいました。いや、事実なんですけど。

内心「苦行だ〜不便だ〜」と思ったか、「オッケーそだね」と思ったかはわかりませんが、ともかくそういうことで、ほぼほぼ残り湯で洗濯をやってくれています。

 

ただ、間取りが悪くて、お風呂場から洗濯機へはひとつ廊下をまたがないといけず、大変面倒です。

これをなんとか便利にする方法はないかと考えてみたりするのですが、洗濯と風呂に湯をはる頻度が落ちるばかり・・。

 

さらに、風呂にふたがないので、4人が立て続けに入らないといけません。(追い炊きをしないようにするためには)

寒い季節になると深刻ですね。ま、寒くなる前に発ってしまうので、風呂のふたはないままの可能性が大です。

若者との暮らし 炊飯器をやめるの段

  • 2018年6月12日(火) 17:16 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    121
コラム-大関

唐突ですが、若者2人が半年間うちにステイすることになりました。

通常、我が家に泊まりに来るのは”GREEN”な方が多いのですが、久しぶりに「関心はあるけれどハウツー情報に欠ける人たち」との暮らしで、変化を目の当たりにしていろいろ思うところがあるので、記録しておこうと思います。

彼らとの共同生活で一番最初に彼らが変わったことは?

おそらく、炊飯器の利用をやめたことだと思います。

 

私は、親元を離れて最初の1年くらいは炊飯器のある暮らしをしていたかもしれませんが、

19歳で共同生活を始めてからは、米を炊くのはもっぱら圧力鍋か鍋です。

炊飯器を選ばない理由は、

 ・用途が限られている電化製品が邪魔 

 ・炊飯に時間がかかりすぎる 

 ・うっかり保温すると電気代がかかる。 などですが、

もちろん今後の人生で自分が病んだり、誰かの介護や育児をしたりで炊飯器を欲することもあるだろうとは思っています。

また、ごくまれに、甘酒を作るのには炊飯器が楽だなぁと思って、会社の炊飯器を1日借りて帰ったことは数回あります。

 

若者たちは、おそらく3合炊きの炊飯器では、4人の食生活をまかなうのに小さすぎる。と考えたのもあるかもしれませんが、

鍋で炊くととても早いことを知って、切り替えたものだと思われます。

 

我が家の冷蔵庫に貼っている「圧力鍋で炊くごはんの炊き方」というメモ(昔、初めて圧力鍋を使う人のために紙の端切れに書いたもの。2012年1月11日のメモのようです。)で、見よう見まねでやって以来、安定の米の炊き加減で、いまや二人とも私よりうまく炊きます。

  

1. はじめチョロチョロ(弱火で始めます。鍋の蓋があったかくなるまでは、鍋内の圧を均一にするために弱火で)
2. 中パッパ(鍋の蓋を触ってあったかくなったら、中火にします)
3. ジュージューいったら火を引いて(蒸気が上がったら、圧力鍋の場合は、圧力のピンが上がったら弱火に戻す)
その状態で白米なら3分、胚芽米なら5分〜10分、玄米なら20分〜30分(浸水状態にもよります)
4. 赤子泣いても蓋とるな(タイマーがなって火から下ろしたら、圧が完全に抜けるまで蒸らします。その間10分ほどは、何があっても蓋をとらない)

昔、ひのでやでアルバイトに来ていた学生さんで、エコにさほど関心がなかった方が、やはり変わった最初の段階に「鍋での炊飯」があったのを思い出します。

おさがり広場ともっぺん広場

  • 2017年5月 9日(火) 14:22 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    800
コラム-大関

おさがり広場ともっぺん広場

2016年5月5日のこどもの日に
京都市中京区の23学区のみなさんと
「おさがり広場ともっぺん広場」というイベントを開催しました。
「おさがり広場」では、こども服やこども用品、ベビー用品などを無料で持ち込み、無料で持ち帰ることができます。
現代では、兄弟の数や子どもの数自体が減っていたり、ご近所付き合いが昔より浅いこともあり、いわゆる「おさがり」のやりとりのチャンスが少ないのが現状です。
そこで、それなら「みんなで大きなおさがりの輪を作ろう」という目的で開催しました。

「もっぺん広場」は、京言葉のもっぺん=もういっぺん から壊れたおもちゃも直してもっぺん使おう、もう着れないと思った服も裂いて織って生き返らそう!というコンセプトです。
壊れた=すぐ捨てる の前に一度立ち止まってほしいと思っています。
そして、なにより作ること、修理することの楽しさ、おもしろさ、うれしさを分かち合いと思い、企画しました。

ごみ減量で必要な考え方3R<Reduce→ Reuse→ Recycle>のうち 
Reuse(再使用)がメインのイベントです。

おさがり広場はReuseそのものですが、もっぺん広場の方はRemake や RepairでReuseを進めよう!という感じです。



詳細はこちら→おさがり広場ともっぺん広場

 

この翌年、ひのでやは一切関わらずに、地域の方たちだけでおさがり広場ともっぺん広場を開催されました。

2017年5月5日の五月晴れの中、前年よりももっとすみやかに落ち着いて場が運営されており、みなさんの主体性積極性に心から感銘を受けました。

Free Flea Market-When one door shuts, another opens-

  • 2015年4月27日(月) 19:09 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    4,833
コラム-大関

Free Flea Market
-When one door shuts, another opens-
Muromachi Community

Hinodeya Institute for Ecological Lifestyle
presented by Haruka Ozeki
on 24th September 2014, Kyoto


続きを読む

フリーフリーマーケット ?捨てる神と拾う神?

  • 2012年10月11日(木) 11:14 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    102,655
コラム-大関

Free Flea Market ?捨てる神と拾う神?

 手放すよろこび、 作るたのしみ。 それはお金で買えないもの。

  「もう着ない、でも捨てられない」そんな服を持っているあなた、“捨てる神”になてみませんか?

   気にいったものを持ち帰る”拾う神”も大歓迎♪

 

FREE FLEA MARKET(フリーフリーマーケット) ?捨てる神と拾う神? は、ただのフリーマーケットじゃなくて、その前に<FREE>がついています。

◆FREEの意味 : 自由な、 無料の、自発的な、(規則や様式に)とらわれない、(家にあるたくさんの洋服から、固定概念から)解放される

◆FLEA MARKETの意味 : フリーマーケット(のみの市)

 

続きを読む

京町家でのエコライフその3 生ごみ処理機

  • 2010年3月 2日(火) 15:59 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    3,077
コラム-大関

前回の最後に、次はお風呂について書きます。と、言っていたようですが、

何を書こうとしていたのか覚えていません。

うちに新しく導入されたのは、手動の生ごみ処理機です。

http://greenpro.jp/index.htm

まだ名前をつけていませんが、早速とても働いてくれています。

続きを読む

京町家でのエコライフ その2 温水便座

  • 2010年1月14日(木) 19:44 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    3,456
コラム-大関

町家の厠は、外にあります。

その先に洗面台とお風呂場があり、その先に洗濯機がある。

つまり冬は、トイレに行くのがとても億劫になるのです。

うちに来るお客さんにも悪いし、備え付けの温水便座の設定を低にして、運転していました。

続きを読む