メニューをスキップして記事へ


ここから記事

おさがり広場ともっぺん広場

  • 2017年5月 9日(火) 14:22 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    386
コラム-大関

おさがり広場ともっぺん広場

2016年5月5日のこどもの日に
京都市中京区の23学区のみなさんと
「おさがり広場ともっぺん広場」というイベントを開催しました。
「おさがり広場」では、こども服やこども用品、ベビー用品などを無料で持ち込み、無料で持ち帰ることができます。
現代では、兄弟の数や子どもの数自体が減っていたり、ご近所付き合いが昔より浅いこともあり、いわゆる「おさがり」のやりとりのチャンスが少ないのが現状です。
そこで、それなら「みんなで大きなおさがりの輪を作ろう」という目的で開催しました。

「もっぺん広場」は、京言葉のもっぺん=もういっぺん から壊れたおもちゃも直してもっぺん使おう、もう着れないと思った服も裂いて織って生き返らそう!というコンセプトです。
壊れた=すぐ捨てる の前に一度立ち止まってほしいと思っています。
そして、なにより作ること、修理することの楽しさ、おもしろさ、うれしさを分かち合いと思い、企画しました。

ごみ減量で必要な考え方3R<Reduce→ Reuse→ Recycle>のうち 
Reuse(再使用)がメインのイベントです。

おさがり広場はReuseそのものですが、もっぺん広場の方はRemake や RepairでReuseを進めよう!という感じです。



詳細はこちら→おさがり広場ともっぺん広場

 

この翌年、ひのでやは一切関わらずに、地域の方たちだけでおさがり広場ともっぺん広場を開催されました。

2017年5月5日の五月晴れの中、前年よりももっとすみやかに落ち着いて場が運営されており、みなさんの主体性積極性に心から感銘を受けました。

Free Flea Market-When one door shuts, another opens-

  • 2015年4月27日(月) 19:09 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    4,248
コラム-大関

Free Flea Market
-When one door shuts, another opens-
Muromachi Community

Hinodeya Institute for Ecological Lifestyle
presented by Haruka Ozeki
on 24th September 2014, Kyoto


続きを読む

フリーフリーマーケット ?捨てる神と拾う神?

  • 2012年10月11日(木) 11:14 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    98,674
コラム-大関

Free Flea Market ?捨てる神と拾う神?

 手放すよろこび、 作るたのしみ。 それはお金で買えないもの。

  「もう着ない、でも捨てられない」そんな服を持っているあなた、“捨てる神”になてみませんか?

   気にいったものを持ち帰る”拾う神”も大歓迎♪

 

FREE FLEA MARKET(フリーフリーマーケット) ?捨てる神と拾う神? は、ただのフリーマーケットじゃなくて、その前に<FREE>がついています。

◆FREEの意味 : 自由な、 無料の、自発的な、(規則や様式に)とらわれない、(家にあるたくさんの洋服から、固定概念から)解放される

◆FLEA MARKETの意味 : フリーマーケット(のみの市)

 

続きを読む

京町家でのエコライフその3 生ごみ処理機

  • 2010年3月 2日(火) 15:59 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    2,797
コラム-大関

前回の最後に、次はお風呂について書きます。と、言っていたようですが、

何を書こうとしていたのか覚えていません。

うちに新しく導入されたのは、手動の生ごみ処理機です。

http://greenpro.jp/index.htm

まだ名前をつけていませんが、早速とても働いてくれています。

続きを読む

京町家でのエコライフ その2 温水便座

  • 2010年1月14日(木) 19:44 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    3,194
コラム-大関

町家の厠は、外にあります。

その先に洗面台とお風呂場があり、その先に洗濯機がある。

つまり冬は、トイレに行くのがとても億劫になるのです。

うちに来るお客さんにも悪いし、備え付けの温水便座の設定を低にして、運転していました。

続きを読む

京町家でのエコライフ その1

  • 2010年1月12日(火) 18:51 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    2,941
コラム-大関

私事で恐縮ですが、

大関は年末に引越しをしました。

以前のひのでやの事務所のすぐそばで、素敵な京町家です。

引越しをした直後であったにも関わらず、もう一度引っ越しをしたのは、このすばらしい家が他の人に住まわれては、悔しいと思ったというのが、正直なところです。

この家で、新たに様々なエコライフに取り組みたいと思います。取り組みをここのコラムの場を借りて、お知らせしていきたい所存です。どうぞよろしく。

続きを読む

「カレーはごはんからルゥに攻める」のすすめ

  • 2009年11月 9日(月) 18:33 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    2,261
コラム-大関

カレーなどルゥとごはんをひとつのお皿によそって食べるとき、

私は意識してごはんからルゥに向かって食べます。

こうすると、お皿がほとんど汚れず、洗い物が楽で水を汚す具合が少なくてすみます。

10年以上前に、友達とカレーを一緒に食べたとき、その人がそうやって食べたお皿と、自分が無意識に食べたお皿の違いに唖然として、以来、そのように食べています。

食べるときにルールを決めるなんて、おいしく食べられない。と言う人もいますが、慣れるとちっとも負担じゃありません。一緒に食べる人が環境に配慮するタイプの人だと、これを見て、えらく感動してくれます。

いつか一緒にカレーを食べましょう♪

雑古紙100%のトイレットペーパーのすすめ

  • 2007年8月 7日(火) 11:02 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    5,114
コラム-大関
突然ですが、トイレットペーパーというのは、紙の最終利用ですよね。
拭いて捨てるだけなんですから。

再生紙使用のトイレットペーパーというと、普通牛乳パックやOA用紙なんかの質の良い紙を再利用したものに、柔軟剤や漂白剤などで、バージンパルプに近い使い心地のものが主です。

続きを読む

布なぷきんのススメ

  • 2007年5月 2日(水) 17:21 JST
  • 投稿者:
    haruka
  • 閲覧数
    6,709
コラム-大関
女性が人生の大半において付き合う自分の身体の「生理」を、もっと心地よく、ハッピーに、楽しみに!?迎えられたらいいと思いませんか 。

女性が一生に使い、捨てる使い捨てナプキンは、だいたい1万個なんだそうです。

これからこのコラムのコーナーでは、私が数年かけて自分の私生活で“人体実験”あるいは“試験”した結果、オススメのものをご紹介していきたいと思います。
(有)ひのでやエコライフ研究所の研究とは全く関係がないことをお断りしておきます。
今回は、布なぷ(生理用布ナプキン)をご紹介いたします。

続きを読む