サーモグラフィーによる省エネ診断の可能性

投稿者: | 2010-11-18
10 views

会社でハンディ型のサーモグラフィーを購入しました。以前は数百万円していたのですが、最近は20万円ちょっとで手に入るようになってきています。
寒い季節ですので、外から見て温度が高く(明るく白色に)なっている部分は、熱が逃げている場所だと推測されます。どこから熱が逃げているのかが、画像でわかるようになっています。
 

サーモグラフィーによる事務所窓 
 
簡単なレポートは、下のリンクからダウンロードできるようになっています。
http://www.hinodeya-ecolife.com/filemgmt/viewcat.php?cid=3
 

コメントを残す