弱気な人のためのエコ会話講座 第二回

投稿者: | 2007-04-13
3 views

先週に引き続き、弱気な人のためのエコ会話講座第2回目です。今回は、「ガムを道に捨てしている人を注意する」です。道はみんなのものですから、きれいに保ちたいものです。そんな純粋な気持ちを大切に、さあ、チャレンジしてみましょう。

では早速例文から聞いてみましょう。道ばたをあるいていて、向こうからヤンキーっぽいにいちゃんが歩いてきたところです。

にいちゃん: (あなたの目の前で)ぺっ(かんでいたガムを捨てる)
あなた:  ・・・・・・(目を合わせられない)
にいちゃん: (そのまま通り過ぎる)

さあ、いかがでしたか。聞いているだけでは何があったのか、わかりませんね。でも、弱気なあなたには、心苦しいほど気持ちが伝わってきますね。封印していたはずの昔の罪悪感が、この例文を聞いてよみがえってきますね。
それでは今日の重要センテンスです。いまはヤンキーのにいちゃんもいませんから、遠慮なしに声にだして言ってみてください。

あ、捨てないでください

もう一度繰り返しましょう。

あ、捨てないでください

センテンスのポイントです。相手のにいちゃんは、かんだガムを道に捨てるなんて当然のことと考えているでしょう。悪いことだとは分かっているのでしょうが、それを敢えてしている悪びれたところもあります。そんな中、こちらの話に注目してもらうのですから、大きな声で言うようにしましょう。また、最初の「あ、」も大切にしたい一言です。こちらが話をするぞ、とおもわせる「あ、」です。
相手が逆切れするかもしれませんが、心配しないでください。道ばたですので暴力行為を受けても、他に目撃者がいれば、裁判で有利に進めることができます。さあ、自信を持って。
では会話で、練習してみましょう。あなたのパートを声に出して言ってください。

にいちゃん: (あなたの目の前で)ぺっ(かんでいたガムを捨てる)
あなた:   あ、捨てないでください
にいちゃん: あん? 何いってんだよ、・・・・(後略)

できましたか。この一言で、ヤンキーのにいちゃんもちゃんと聞いてくれます。その後にどのような会話が続くのかは、ここでは言えませんが、がんばってください。何なら、いい弁護士を紹介します。
でも、タイミングを間違えると、うまくいきません。

にいちゃん: (あなたの目の前で)ぺっ(かんでいたガムを捨てる)
あなた:  ・・・・・・(目を合わせられない)
にいちゃん: (そのまま通り過ぎる)
あなた:   あぁ、捨てないでくださ~い

負け犬の遠吠えですね。早めに言うことが肝心です。
これで今日からあなたも、「あの一言が言えなかった」暗い過去を抱えながら一生を過ごさなくてもすみますね。なお、殴られる時には、顔だけは防御するようにしたほうが、あとの治りも早いことも覚えておいてください。
では今日の練習はここまで。レッツエンジョイ、エコライフ! また来週。

コメントを残す