室内空気流れの3次元数値シミュレーションソフト Ver1.3

投稿者: | 2016-02-05
33 views

室内空気流れの3Dシミュレーションソフト(12月開発)が、改良されてVer1.3になりました。結果を簡易3Dで表示できるようになり、窓や衝立(風よけ)の位置や大きさを、マウスで変更できるようにもしました。
左の1面が外壁面で窓を設置でき、他の3面は内壁という想定です。計算時間間隔は、空気の流れ条件によって自動的に最適化されるように修正しており、リアルタイムでの流れの変化の様子が見えるようになっています。
窓の大きさや、衝立によってコールドドラフトと呼ばれる窓から吹き下ろす風がどう変化するのかを見ることができます。お試し下さい。
http://www.hinodeya-ecolife.com/test/cfd2015/index.php
[1706追記] 比較して面白い設定などは、http://www.hinodeya-ecolife.com/test/cfd2015/about.html に記載しています。

 
 
 
まだ開発途中ということで、今後もこんな点を改善していきたいと考えています。
・メッシュ数(計算格子)を20以上にすると値が発散してしまう(内部パラメータ設定の問題です)
・部屋サイズを変更すると、簡易3D表示がずれてしまう。
・窓の設置や外壁としての設定、それぞれの断熱性能などを設定できるようにする
・エアコン、サーキュレータを設置できるようにする
・机などの障害物を設置できるようにする
・部屋の各面を表示できるようにする
・外気温変化を外部的に設定して、朝にどれだけ温度が下がるのか示すことができるようにする
暇になったら、また作業します。今年の冬には間に合いませんでした。暖冬だったから許してください。
 
 

コメントを残す