「みんなのごみ」ボードゲームが京都環境賞《佳作》を受賞しました!

投稿者: | 2020-12-23
311 views

ひのでやのスタッフと手作りボードゲームチーム 「たなごころ」さんとコラボで企画・製作した協力型ボードゲーム「みんなのごみ」が令和2年度第18回京都環境賞の佳作に選ばれました!

令和2年度第18回京都環境賞佳作(京都市)

「2025年までに、最終処分場のごみを溢れさせない!」ことをめざして、毎年発生する事件(ごみ増加)をプレーヤー同士で話し合いながら解決していき、遊びながらごみ削減アクションが学べる「みんなのごみ」ボードゲーム。具体的にどのようなごみ削減行動(アクション)ができるかをゲームの中で楽しみながら学びます。みんなで協力してごみを減らし、最終処分場をあふれさせないようにするとみんなの勝ち!

SDGsの17のゴールの中の「12.つくる責任つかう責任」の持続可能な消費と生産のパターンを理解したり、食品ロス、廃棄物の削減、自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を育てられます。また、プラスチップごみの問題なども扱っているので、海洋ごみの発生抑制や削減を意識し、「14.海の豊かさを守ろう」のゴールにも貢献することが期待できます。

楽しみながら、その場面で起こっている内容や対策方法を真剣に考えてもらうことが期待でき、家庭でのごみ減量対策をはじめ、現実社会でどのような対策が有効であるのかを、ゲームを通じて学ぶことができます。各地で実演するなどして広めてきた結果、ゲーム後、食事の時に食品残渣が話題になったり、家庭ごみだけでなく、社会のごみについても関心が広がったという効果がありました。

環境教育のほか、協力関係を育成するチームビルディングや研修にもお使いいただけます。

「みんなのごみ」ボードゲームの詳細、ご購入に関しては、NPO法人環境安全センターのホームページをご覧ください。